趣味

2011年12月25日 (日)

今年のシミュレーションゲーム遍歴

今年もゲーム活動は低調であった。もちろんお金がないことが原因であるが、私が所属しているゲームクラブが千葉県のそれであることが第一の原因であろう。メインのクラブはそれでも江戸川(江戸川区ではない)のすぐ先の松戸であるのが救いであるが、もう一つのクラブはJリーグ・ジェフ千葉・市原のかつての本拠地である市原市のさらに奥であるというのは救いがない。

それで今年参加したゲーム会合は、6月と9月の千葉会(松戸)と、これは厳密には千葉ではないが、10月の猿遊会のみであり、かつそこには自分のゲームは持ち込んでいないという始末であった。まぁASLとフリート・シリーズ(アジアン・フリートも含む)は座敷牢から脱獄した時点であきらめているが(本当はあきらめておらず、何とか取り返したい気持ちで一杯だが)、脱獄後に買ったゲーム(雑誌)がコマンドマガジン92号『レッド・ドラゴン・ライジング』だけという寂しさである。もちろん千葉会でも猿遊会でもプレイはしていない。

最近のゲーム雑誌のバックナンバーリストを見ていると、なぜか日本軍ものの作戦級~キャンペーン級のゲームが欲しくなってしょうがない。

その中で現在入手可能であろうものをリストすると、
●コマンドマガジン94号『ビルマ電撃戦』『フライング・タイガース』
●コマンドマガジン日本版特別復刻版第1号 "When Tigers Fight"
●コマンドマガジン102号 "Race to Tokyo: Battle for Japan, 1946" 他
である。

また、ゲームジャーナルの方であるが、私が故郷・清水でお世話になった会社と関連する話で、欲しいゲームがあり、それは、
●ゲームジャーナル36号 真田軍記~決戦!大坂の陣~
である。
最もこのゲームには清水湊の廻船問屋の兵たんに関するルールはないが、この戦いで徳川方が勝利したおかげで我が社(もう辞職してから10年以上たっているのに「我が社」と呼んでしまうなぁ)他41社が駿河湾岸の廻船問屋としての特許が与えられたという古事のことを考えると、ぜひプレイしたくなるゲームである。

以上の4ゲームを購入して、ソロでもいいからプレイするのが来年の抱負かな。

「ソロでもいいから」というのは事実ではあるが、できればソロプレイをしたあとで対人プレイをしたいというのも確かなので、私とこれらのゲームをプレイしたい方はご連絡下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

ウォーゲーマーの皆様、明けましておめでとうございます

長くつらい冬を乗り切ろうとしているウォーゲーマーの皆様、明けましておめでとうございます。今年も貧乏暮らしの中でささやかなゲーマーライフを送ると思いますので、更新は少ないと思いますが、よろしくお願いします。

今年の目標は、ASLスターターキット3部作の再購入にするか、コマンドマガジンかゲームジャーナルのどちらかを最低1冊購入するかのどちらかになると思います。正直な話、どん底の暮らしの中では、というよりは毎月5日に手当が振り込まれますと、ゲーム若しくはゲーム雑誌のことを考える前に、古本若しくは楽天市場の商品を購入することに頭が行って、気がついてみるとゲームを購入する余裕がなくなってしまいます。

何とかしてその余裕を作ろうと、あとになってみると考えるのですが、多分来月の5日(ただし2月と3月は4日)も同じことを繰り返すような気がするのです。特に来月はATOK2011を購入しますので、そちらにお金を回さなければいけませんので、あれのAAA版がちょうどゲーム1個分くらいの値段で、その分余裕が少なくなります。まぁいくらATOKが毎年バージョンアップするからといって、それを忠実に買う必要はないのではないかという声も上がるかもしれませんが、私はATOK16の時代から毎年ばか丁寧にバージョンアップしていますので、もう年中行事と言ってもいいかもしれません。

それから3月と4月は、来年度(つまり今年)の戦略研究学会に出店する業者さんの本を購入するためにいくばくかお金をためておきたいと考えていますので、やはりゲームにお金は回せない、と。この戦略研究学会の総会は、1回だけ京都で開催されましたが、さすがに何度も京都で開催する余裕がなかったのか、今年も御茶ノ水の某大学で開催されます。ちなみに今年京都で開催されたら、交通費が工面できないと思いますので、欠席を余儀なくされたと思います。

やはり趣味というものは、生活に余裕がある人だけが楽しめるものなのですね。考えてみれば当たり前ですが。

そもそも、こういう生活になることは分かりきっていたわけですから、千葉会とちはら会を本拠にする限り、千葉県西部か城東に引っ越しておくべきであった、という後悔もあります。ただし千葉県は最低時給が東京や神奈川と比べると結構安いですので、アルバイトを見つけるのに困難を来す恐れがあったと思います。それから通っている病院も、当時は丸ノ内線西新宿駅前で、今はJ-8駅(私がJR八王子駅を勝手にそう呼んでいるだけです。ちなみに京王八王子駅には本当にK-8というショッピングビルが建っています)ですので、通院関係に困難を来していたことは間違いありません。

それでも、年に1回くらいは千葉会・ちはら会・茨城会にそれぞれ参加したいと思います。ちはら会と茨城会はJR東日本が売っているホリデーパスを使えば少しは得になりますし、千葉会はそれよりも安い場所で開催されることが多い(ただし現住所からですと、乗り換え回数が多いので面倒くさい)ので、参加するだけなら何とかなると信じています。

あとは、それぞれの会に参加した時に、写真を撮影することを励行するように体を習慣づけておくというのも目標に入りますね。

どうか、千葉会・ちはら会・茨城会の皆様、こんな私ですが迫害しないで生暖かい目で見守って下さい(もう少し短くしたかったですが、結構長くなりました)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

思えば遠くへ来たもんだ:2年ぶりにちはら会に参加しました

2008年12月の例会以来、2年ぶりに参加させていただいたのは、千葉県市原市を本拠地とする「ちはら会」である。私は昨年末の混乱でゲームをすべて失い、今年に入ってようやくCommand Magazineを一冊買っただけなので、本来は規則違反の(といっても、別に規則にうるさくはなく、禁煙禁酒だけがデフォルトである)ゲーム持ち込みなしで東京都下から、中央・総武線・内房線と乗り継ぎ駆けつけた。下車駅は内房線浜野駅で、ここから小湊鐵道バスに20分弱揺られ、「潤井戸」という停留所でバスを離れ、目的地の市原市市津公民館までは10分の徒歩で到着した。

プレイしたゲームは6つ。最後の一作を除いてすべてファミリーゲームだったのは、規則違反に対する天罰であったのかもしれない(んなわけない)。それらのゲーム名を列挙すると、

  1. PIT
  2. ACQUIRE
  3. DOMINION
  4. はやぶさ君の冒険
  5. POWER GRID
  6. 東海遊侠伝(ただし短時間シナリオ)

である。

“PIT”は、ルール説明者によると穀物取引のゲームということだそうだが、私の印象に残ったのは、カードゲームなのに反射神経を必要とするということである(まぁ、百人一首も中級レベル以上だと反射神経勝負らしいが)。数種類の家畜のえさを象徴化したカードを数種類持ってゲームが始まり、それを一種類にそろえた人が勝ち、というゲームだ。私は初プレイで、というよりは反射神経のなさに絶対的な自信を持つ人間なので、やはり最下位で終わった。

101212acquire_2 続く”ACQUIRE”は割と古くから知られたホテル経営ゲーム。もちろん、大学院のMBAコ ースで使われている経営シミュレーションとは全く違い、完全に模式化されたファミリーゲームである。ルールは長いブランクの中でも一応頭の中に残っていたので、プレイ自体は問題なく進んだ。ただ私の問題は(日本人の中でレベルの低い―もちろん私も含めて―人間にありがちな)偶然を期待しすぎて、取らぬ狸の皮算用をプレイに持ち込んでしまうことである。その結果が最下位だったのだが、最後の計算では、自分が思っていた惨敗ではなく、普通に最下位であったのが救いというべきか。

101212domonion 3つ目のゲーム、“DOMINION”は中世ヨーロッパ風世界の領土統治を模式化したカードゲーム。カードの回りがよかったのと、個人的な趣味で(もちろん実用を兼ねて)図書館とか研究所のカードを手に入れておいたおかげで、優勝とまでは行かなくても、何とか2位を確保した。このゲームはさまざまな種類のカードが用意されているが、実際の一プレイで使われるカードはほんの少種類で、その変化で実際のプレイがまるで違ってくるそうで、私がプレイした時は平和裏に(まったりと、ともいう)淡々とゲームが進行していた。プレイに使われるカードによってはバトルゲームになる可能性もあったことから、そうならなかったことが高順位につながったのかもしれない。

101212hayabusa 4作目は「はやぶさ君の冒険」。はやぶさ君とは、2003年に打ち上げられ、小惑星イトカワに到達して、そこから今年の6月に地球期間を成し遂げた、あの「はやぶさ」である。このゲームは多人数プレイのカードゲームであるにもかかわらず、ほかのプレーヤーは敵ではなく、いわば研究者仲間といった立場で進むゲームである。ただ多人数プレイなので、ほかのプレーヤーと話し合いで協力する場面ももちろん存在する。このプレイでは無事地球生還を成し遂げたが、ゲームの中にはさまざまなハンディキャップを課して、プレイを難しくしたり簡単にしたりできる設定となっている。今回はやさしめの設定で行われたようだった。

101212powergrid 5個目は”POWER GRID”というゲームで、電力の供給が自由化されたドイツ連邦(と、プレイはしなかったが、合衆国ででもプレイできる)で、いかに多くの都市に自分の発電会社の電気を配給するかというテーマのゲームである。この日のプレイは4人で、やや少なめだったようなので、ハンブルクあたりのニーダーザクセン州・シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州あたりや旧東ドイツの大部分はプレイに使用されていなかった。簡単なゲームにしては考えることが多く、やはり出たとこ勝負主義の私には勝利条件を目指す道のりに遅れ、最後は形式的には勝利条件の体裁をそろえたが、ほかのプレーヤーはその上をいっていたので最下位に終わった。

最後にはようやくシミュレーション的なゲームをプレイした。それが「東海遊侠伝」である。早い話、清水の次郎長の博徒人生をシミュレートしている。もちろん敵は黒駒一家だ。時間が押していたので、短時間のシナリオをプレイしたが、私が(大体清水を離れて13年たっているぞ)次郎長譚を忘れていたので、なぜに黒駒一家の主なメンバーが伊勢に集まっているのかを忘れていて、無難にプレイしようと試みてしまった。ただ最終ターンに次郎長本人と三下だけで相模に乗り込んで、そこで賭場を開くことに成功したために、ゲームとしての勝利を得ることができた。あとで思い出してみると、あれは「荒神山の喧嘩」をシミュレートしているので、清水一家全員を使って伊勢に乗り込まなければならなかったのだ。

これで例会でプレイしたゲームは終了。しかし時間が予定の帰還時間より遅くなっていたため、行きに使った「潤井戸」バス停→浜野駅のバス便は終了しており、会長のご好意で「ちはら台中央」というバス停に送ってもらった。ここからは「鎌取」駅までバス便が出ている。

以下は日記の「平成22年12月12日(日)」の項を見て下さい。正直疲れた、帰るのに。

| | コメント (2) | トラックバック (1)