2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Google Ads

時事

2011年8月 6日 (土)

選手権がいつの間にか始まっていた

私の部屋(квартираとロシア語で書くとピッタリする、のはアパート住まいだから)では新聞を取っていないので、時事的な話題には多少遅れて知ることが多い。夏の甲子園もいつ組み合わせ抽選会をやるのか気にしていたうちに3日に行われていた。

我が日大三高の3回戦までの組み合わせは、下記の通りである。
① 5日目(8月10日) 0800プレイボール 対日本文理高等学校戦
② 9日目(8月14日) 1300プレイボール
③ 11日目(8月16日) 1530プレイボール
この後は再度抽選を行って、組み合わせを決める。

今年は1回戦からの立ち上がりである。まぁ西東京地区予選のような試合をすれば割とあっさり勝ち抜ける、と思ったのであるが、実は1回戦の相手である日本文理高等学校は一昨年の選手権で決勝までコマを進め、もう一歩で新潟県に初の深紅の旗をはためかすところまで行った強豪校であった。ただしここで勝てば2回戦・3回戦の相手になりそうな高校はもう少し楽に戦える相手のように見える。

そうすると問題は再抽選の後の準々決勝以降である。ここはどうなるか全くわからないので、三高が勝ち進んだ場合、3試合とも強豪校が当たる(最も準々決勝まで勝ち進んだのだから実績があろうとなかろうと強豪校には違いないが)可能性が高まってくる。できれば九州国際大学付属高校と再戦して、春の雪辱を果たしたいと思うのは皆同じであると思う。どのみち我が部屋には現状テレビがないので、ネット媒体で経過を知るのみである。

どうか三高ナインには9年(10年?)ぶりの深紅の旗を目指して欲しい。

2011年8月 4日 (木)

遅くなりましたが日大三高甲子園出場へ

久しぶりの更新である。アクセス解析を読むと、「黒田龍之助」が圧倒的で、日大三高(もしくは日大三高野球部)というのはたまにある程度なのだが、それでも甲子園の時期が来て、それを記事にすると、結構なアクセスが日大三高をキーワードにして私のblogに集まってくる。それを無視するわけにもいかないので、久しぶりの上に時期外れな(7月中に決定していたため)三高ageの記事をポストする。

決勝戦で早実と当たるのは、私も記憶になく、記録でしかさかのぼれない、東西東京が地区として分離されていない時期だと看板対戦だったのかもしれないが、日大三高が西東京の外れに移転してからは、時々早実が世間を騒がせたものの、それ以外の時期にはどちらも甲子園とは縁遠くなってしまったような気がする。

日大三高野球部が強くなったのは(それ以前にも数回は甲子園に出場してはいるものの)、現監督の小倉監督が日大三高野球部の監督に就任してからである。それとほぼ同時期に早実が国分寺市に移転してきたが、移転しいてすぐのころはまだ野球部の強化はされていなかったので、日大三高の天下で、夏の甲子園初制覇もやってのけたのがこの時期である。

早実の野球部が甲子園に出場して、全国的に話題になったのはやはりハンカチ王子こと斎藤佑樹の出現であろう。あの時期に早実が強くなって、かつての日大三高と早実の覇権争いがよみがえったと見るオールドファンもいるのではないか。

こんなつまらない文章をぐだぐだ書き連ねているのは、西東京地区予選決勝戦の試合のことを書きたかったからである。日大三高は持ち前の強力打線を軸に予選を勝ち進め、時には危ない試合もあった(まさか都立日野高戦でもつれるとは思わなかった)が、世間的には順調に決勝まで来たと見てもよいであろう。

実は私は金欠で、神宮球場にも行っていないし、テレビも見ていないという怠けっぷりでこの記事を書き連ねている。それでもネットの速報やTwitterのtweetで逐次試合が報告されるので、それほど何も知らずに書いているわけではない(と信じたい)。

結果は皆さんご存じの通りであるが、まさか2-1というロースコアで日大三高が勝つとはおもわなんだのである。ロースコアで勝つなら早実、と言い切っていたわけでもないが、やはり日大三高の勝ちパターンは打撃で大量得点を稼ぐ感じなので、少し違和感を覚えている。もちろん三高エースの吉永はこういう投手戦にも戦える投手だとは思うが、今まで打撃戦に慣れてきたので、一般的な投手の責任範囲である3失点以内の点は失うものと覚悟していただけに、9回投げて1失点というのは褒めるしかない。

次は甲子園における対戦相手の決定である。日大三高の持ち前はやはり打撃なので、できれば相手方も打撃戦に強いチームと対戦することを願いたい。

2010年9月29日 (水)

日本における「シナ呼称問題」

普通の日本人が「中国」と呼んでいる国のことを執拗に「支那」と呼べという論者が数人いる。渡部昇一・兵頭二十八・呉智英が有名である。

私はその説を理解しつつ、違和感を覚えている。まずは「支那」説を要約してみよう。ヨーロッパ言語ではかの国のことを大抵古代王朝の「秦」に由来するChina(英・独)、chine(仏)などと呼んでいる(ちなみにロシア語ではКитай、これは北方諸語では多用されている)。これには誰も抗弁するものはいない。ならば日本語でも同じ由来の支那・シナと呼んでも差し支えない上に、中国というのは「世界の中心にある国」という意味だから不適当である、ということである。

その理論には瑕疵はないと思うが、もうあそこにある国は百年近く「中華民国」「中華人民共和国」という名前の国である。もちろん中華民国時代(もちろんこの国は現在も台湾島とその周辺の島嶼部に存在しているが)にこそ「支那」という用語が多用されたわけだし、私が時たま「合衆国」「連合王国」と呼んでいる国は通常は「アメリカ」「イギリス」と呼ばれ、それで十分に通じている。

では私はどんな違和感を持っているのか。「中国」というと、「シナ呼称論者」には「世界の中心にある国」を連想させるようだが、私には「大英帝国」「大日本帝国」に対する「中くらいの国」を感じさせる。もちろん「中華民国」「中華人民共和国」の略称としても十分に通じると感じる。ただ、モノの本で読んだ話では、日「本」国に対する「支」那という感じがするので中華民国の外交官が「支那呼ばわりはやめてくれ」と抗議したという話が残っているそうだ。だから一部の「シナ呼称論者」は漢字では書かずにカタカナで「シナ」と書く。

私の「中国呼称論」は上記の通りなので、「シナ呼称論者」の文章を引用する時以外は中国と書く。ただこれが「中国」ではなく、「中華」と呼べと両国が抗議してきた場合(これだって両国の国号の略称には違いないから)は「シナ呼称論者」の論理を借りて私でさえ反論するであろう。「中華」という呼称にこそ「世界の中心にある皇帝が生わすところ(今は皇帝ではなく主席と総統であるが)」という意味をたっぷり含んでいるからである。

私はあまり好きではないが(Wikipediaの彼の項目を読んで、彼が最初の妻になしたことを見て欲しい。あれでは子供が可哀想だし、私なら自殺しかねない)、司馬遼太郎という高名な文人がいる。彼は中国と韓国/朝鮮には固有の地域呼称がない、と喝破した。実は日本もその意味では固有の地域呼称ではないのだが、一応万世一系を貫いているので(ここでは異論は認めない)、たまたま王朝名が地域呼称になっているだけである。ヴェトナム(越南)も似たようなものだが、中国明朝期に認められた王朝名がたまたま地域呼称になって現在に至っている、という次第である。第二次大戦後に国が二つに割れた時に北も南も国号にヴェトナムを入れた上にヴェトナム戦争で北が勝ったからヴェトナムで問題なく通じているだけなのだろう。

何かうまい解決方法はないのだろうか。アフリカにコートジボアールという国がある。訳すると「象牙海岸」なので、政体と合わせて、象牙海岸共和国という言い方もあったらしいが、同国の外務省と大使館が「我が国の呼称は各国語に訳して表現してはならない」との通達を出して、世界中に守らせている。誇り高き大陸中国でさえ音訳でかの国を表現している。できれば同じように世界中にChinaではなく、Zhongguo(中国語の発音上の「中国」)であるとの声明を発して、発音はピンイン方式でも各国語の方式でも構わないと通達を出せばそれですべては解決するのだが、日本のウヨサヨ問題程度でこんな通達を出してくれるとも思えないので、「シナ呼称問題」は永遠に続くのだろうか。

2010年3月31日 (水)

生まれて初めてデモを見た

今日銀行に行くために渋谷に行った。最初は新宿にするかJR相模原にするかで迷っていたのだが、高幡不動の駅に出てからは後者の選択肢は失われていた。当然高幡不動から新宿は京王線で一本だからそのまま新宿に行けばいいのだが、明大前に近づいてから「しばらく渋谷に行っていないな」と思い、井の頭線に乗り換えて渋谷に出た。

実は私のメインバンクの渋谷支店はマークシティで再営業してから初めて行った。多分マークシティにあるはず、と探したのだが、マークシティの入り口にはその銀行の表示は全くない。20世紀ならここであきらめるところだったが、今は21世紀、携帯電話のIモードで「○○○銀行渋谷支店」を検索したところ、同じ建物ではあるが、店舗ではなくオフィスとして入店していることが分かった。

この銀行、新宿でもそうなのだが、一般の窓口が無く、出入口も午後3時で閉めるのだが、平日の午後6時までと土曜日の午後5時までは、入り口のドアフォンを鳴らして出入口を開けてもらって入店するのである。まぁ銀行での用事は済ませ、久しぶりの渋谷を散歩してパルコのあたりで公園通りに出たのだが、不意にやかましい音と拡声器で増幅された声が聞こえてきた。

目の前は警官の集団が目立っており、デモ隊は横断幕こそはっきり読み取れたが、参加者の姿は警官に隠れてほとんど見ることができない。それにデモというのはもっと大人数で行われるものと思い込んでいたので、30秒くらいで目の前を通り過ぎていったというのは驚いてしまった。とはいっても普段のデモで(普段デモを見ないからブログの記事にしているのだが)万の単位で参加者がいたら東京ではなくソウルではないか。

なるほどデモというのはよほど大きなデモでもなければ一瞬にして通り過ぎるものだから東京に長く住んでいてもデモを見たことがなかったのか、ということに気づいた。あと、一応東京では名のある大学を出ている「はず」なのになぜデモを見たことがないのかといえば、私の出身校は東京有数の保守的な大学で、学内に立て看板のたぐいは一切無く、そのかわり某協会が勢力を持っていた(今でも持っているのかなぁ)から、学生運動のようなものとは一切かかわりがなかったのである。最も個人的にはノンポリどころかその正反対に位置しているつもりであったが……

まぁ霞ヶ関とか永田町とか麻布十番とかに頻繁に訪れるような人間ならば、もう少し以前からデモというものを見たことがあったのかもしれない。それに私が学生の頃はバブル絶頂期、いくら政治に関心があってもデモというものははやらなかった時代なのも確かである。

ちなみにデモのテーマは、「宮下公園のネーミングライツ導入に反対する」ということであったが、疑問が二つ。一つは公園内に住むホームレスの生存権の問題だが、そもそもホームレスが野宿することを積極的に認めることが不思議である。確かにいちげんのホームレスに「屋根の下で寝起きしたいですか」と尋ねても、人間不信の故に肯定的な答えはするはずがないが、本来人は屋根の下で生まれ育ったものなので、時間を掛けて誘導すればほとんどのホームレスは自分の部屋に住みたいものなので、もし公園のホームレスを一掃したいのであれば一定の猶予とコスト上許される限りのケアを施した上で施設(できれば四畳半程度でもいいから個室が望ましい)に移動させればよいのではないか。今ひとつは公園のネーミングライツを購入するスポーツウェア会社が、公園のネーミングライツというものによく価値を見いだしたものである。まぁ天下の渋谷区であるから、旧渋谷公会堂のようにいくらでも買い手がつくのかもしれないが。

2010年1月 1日 (金)

本田宗一郎の遺訓

いささか旧聞に属するが、12月25日、民主党政権の前原誠司国土交通大臣は観光庁長官の本保芳明氏を、観光庁長官としての職務を全うしていないとして解任し、新たな観光庁長官に前大分FC社長の溝畑宏氏を任命した。

 この溝畑宏新長官の大分FC社長時代の経歴については様々なブログはともかく、サッカーメディアや一般メディアでも語り尽くされているのでここでは省略する。

 話は飛ぶが、表題の本田宗一郎の発言の件であるが、氏はあらゆるコネやいわゆる「閥」というものを嫌い、本田技研が大きくなった時点で、自分とその右腕であった藤沢武夫氏の親類縁者を会社から追放し、後継者にもその仕組みを維持させるようにした。それに関する冗談でこのようなものがある(記憶で書いているんで正確に再現したものではない)。

「我が社に学閥はいらない。学閥が出来るなら、そうだな、幼稚園閥だな」


 なぜ、国土交通省内の人事問題にこの逸話を持ち出したのかというと、溝畑宏新長官は前原誠司国土交通大臣の小学校における2級上の先輩であったというのだ。小学校の名前は京都市立修学館小学校という。

 この人事について言いたいことは山ほどあるが、ここでは本田宗一郎の冗談が冗談で済まなくなる世の中が来たということが言いたいのである。

2005年6月14日 (火)

俺はニートだ!

 プロフィールにも記しましたが、私はニートである。ただ政府の定義(15歳から34歳のうち、就職の意思がない人と意思があっても求職活動をしていない人を合わせた者で現在、日本には52万人いるとされている)によると、ニートの基準からは外れることになります。年齢のせいだからです。私の年齢については5月14日の記事を見てください。
 政府がなぜこのような定義を決めたのかというと、現34歳以下のことを団塊ジュニアと称して、人口の一大構成層をなしているからではないでしょうか。またうがった見方をすれば、求人で企業が求めているのは35歳以下なので、それより上の年齢の者はほかの定義ではニートに当てはまっても、もはや役立たずとして切り捨てているのかもしれない。つまり一種の高齢者だ。
 Not in Education, Employment, and Training(NEET、ニートの原語)から抜け出ようと、近所にある大学院に通学する話も親としました。つい最近までは職安やしごとセンターに通って職探しもしました。"Training"を受けるために、自分で探して大学のオープンスクールに通ったり、専門学校に通うか、あるいは通信教育を受けるかも検討中です。
 話は変わって本物のニートの話。企業側は昨今の好景気、または2007年問題と呼ばれる団塊世代が大量に退職する可能性を想定して、新卒の採用を増やす(可能性が高い)と新聞などにアナウンスしています。しかしそこには落とし穴があって、企業側が求める能力を持った(実際には協調性が豊かな、という意味であろう)人材が得られないのであれば必要な人数がそろわなくても採用を打ち切る、とも一部のメディアには報じられています。
 そこで問題。果たして企業は採用を増やして、新しく発生するニートの源を減らすでしょうか。私は絶対にそういうことにはならないと断言します。現時点でさえ、リストラで人数が減った部署に人が減る前と同じだけの仕事を割り振っておいて、サービス残業・深夜残業でこれをカバーしてきた企業側にそのようなことをいわれて信じるバカがどこにいますか。団塊世代が大量に退職する、といわれる問題にしても、企業は今まで長い間働いてきた人材を、海のものとも山のものともつかぬ新人に切り替えるでしょうか。もちろん今まではそうしてきたわけだから、2007年問題が起きるといわれているのですが、不吉な予言を一つ。企業の社長などに人気の高い作家である堺屋太一氏が、「団塊の世代は不可能を可能にしてきた」といい、さまざまな例を挙げていますが、将来の予言として、この2007年問題をも彼らはクリアしてしまうと、つまり定年延長や再雇用、そのほかの方法で退職から逃れると予言しているのです。
 我々ニートの側では全力を挙げてこれを阻止しなければならないのですが、数々の予言をあて、名言を生み、財界に大きな影響力のある堺屋氏の台詞なだけに、そんな世の中を生み出してしまうのを見越しているのでしょうか。しかし現役のニート、あるいは私のようなニートOBにとっては、少しでも日本の会社の中に自分の居場所をつくる必要があります。その居場所とは、主に現在は団塊世代が会社の中で占拠しているのです。
 そもそも日本の会社はコスト削減のために最低限、あるいは仕事上必要な人数から見て少ないと思われる人数で仕事を回しています。これが欧米では、有給休暇などで人数が足らなくなることを想定してあらかじめ、仕事を回すのに必要な人数より多くの人員を配置しておくのが一般的とされています。さらにオランダでは、一部必要な人数の二倍の人員を配置しておいて、午前と午後で人を使い分けるといった、いわゆる「ワークシェアリング」が行われており、日本でもこれを取り入れてはどうか、といった主張が2~3年前にはありました。最もその主張をしていたのが左翼系の学者が主体であったために、政策には何ら影響を与えずにメディアから消えていきました。
 しかしわざわざワークシェアリングまで行わなくても、現在行われているすべての残業(サービス残業はもちろんのこと法定内で容認されているすべての)を解消する、と仮定すれば、今存在する52万のニートはともかく、それよりはるかに数の多い、仕方なくフリーターで糊口(ここう)をしのいでいる者も、即座に正社員として吸収される計算になる、との意見もあります。問題はサービス残業を取り締まるべき日本の労働基準監督官がほとんど機能していないことです。日本の法律は経済犯罪に甘いとは、自らも起業家である、軍事ジャーナリストの清谷信一氏の台詞ですが、経済犯罪を監視する部署がまともに機能していないのでは、むべなるかな、といわざるを得ないのですが、自らもそのことに苦しめられた過去があるので、納得している場合ではありません。
 社会の側も手をこまねいているわけではありません。フリーターという低賃金労働力、ニートという非労働力の存在を甘受しては、さまざまな社会制度が維持できないからです。フリーターやニートの問題が協調性の問題というのなら、我々のコミュニケーション能力を高めるセミナーなどが職安などで開催されています。最も私も含めてフリーターやニート個人に対してその情報がなかなか届かないという問題があります。政府も有識者を集めて対策会議を開いています。しかしこれも隔靴掻痒の感は否めません。
 さて、ニートとしては何をすべきなのでしょうか。現在求職をあきらめているとはいえ、全員が求めているわけではないとはいえ、ほとんどのニートは職に就くことを求めているはずです。ただ、会社が求めている技能と経験を我々は持ち合わせていないが故に、求職活動をあきらめているのに過ぎません。我々ニートが会社で働く協調性や営業能力を持ち合わせていないというのであれば、一人で働ける仕事を探して、その仕事に就く努力をするのがいいのでしょうか。それとも自分探しのために大学に(再)入学して2年ないし4年間を過ごしてみるのがいいのでしょうか(ちなみに大学院でもいいのですが、大学院の入試で自分探しのそぶりをちらりとでも見せると、大学関係者は露骨にいやがるので注意してください)。それとも極論になりますが、ニート52万人を核に、150万を超す若年失業者、数百万のフリーターを併せて政治団体、あるいは圧力団体をつくるのがいいのでしょうか。
 簡単に結論が出る問題ではありませんが、ブログ「労働、社会問題」では、新卒者をニートやフリーターにせずに職を与えるにはどれだけの労働需要が必要かを算出してあります。これによると、現在の求人量では、到底若年失業者の発生を食い止められないどころか、少子化といわれる現在15歳以下の世代でさえも、18歳、20歳、ないし22歳の選択では失業者とならざるを得ない層が現れるということです。
 となるとマクロの対策では需要の喚起、ということになるのですが、ミクロの対策では各個人が弱肉強食の世の中で自らの選択を間違えずに職に就く、就職したら石にしがみついてでもその会社を辞めない、というごく普通の結論に落ち着くことになります。

Google検索



  • Google

    ブログ内を検索
    WWW全体を検索

アマゾン

  • Amazonおまかせリンク(R)

楽天ブックス

雑誌のFujisan.co.jp

  • NHKラジオ まいにちロシア語

    これからロシア語の世界を学びたい方へ。 今期はロシア語入門で、難しいと思われている文法をやさしく解説します。
  • NHKラジオ まいにちドイツ語

    楽しく、着実にドイツ語を身につけよう! 〈入門編〉では、聴き続けることで基礎を習得。〈応用編〉は、「使える便利な表現」「日本を紹介する」などで表現力アップを目指します。
  • NHKラジオ 実践ビジネス英語

    ビジネスで役立つ英語力、高い検定試験獲得を目指す方へのテキスト。 電話、Eメール・プレゼンテーション・会議など、ビジネスで役立つ英語力が身につきます。各種検定試験の対策にも最適です。前期は外資系ホテルでのサービス業、後期はジョイント・ベンチャーを取り上げ、実際のビジネスシーンを想定したスキットを展開。
  • NHKラジオ 入門ビジネス英語

    ビジネスマナーや英語的発想法も学べます!
    よく知っているやさしい単語を組み合わせて、状況に最適なフレーズを使いこなせることを目標にした、機能重視のアプローチ。ビジネスシーンで信頼度がアップする、ビジネスマナーや英語的発想法も学べます。現役ヘッドハンターがナビゲートする新感覚ビジネス英語講座。
  • NHKラジオ英会話

    学生から大人まで、やさしい英語でみんなが楽しめる
    5ワード前後の短いフレーズによるダイアログ(会話)、実践的な文法解説、ライブ・レポート(実況中継)や英語の歌など楽しめる要素も満載。オリジナルCMの聴き取りにも挑戦して、目指せ、ナチュラル・スピード!