2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Google Ads

サッカー

2011年2月 7日 (月)

アフシン・ゴトビ監督に関するささいなこと

清水エスパルスの新監督であるAfshin GHOTBI氏の読み方であるが、ペルシャ文字を少しかじった私にとっては(また一部のファンにとっても)Jリーグに対する登録名である「アフシン・ゴトビ」というのは、少し納得がいかない。ただ日本語は音声が貧弱なので(あくまで言語学的にですよ)、どこかで妥協しなければいけないことは認める。

ペルシャ語で「ゴ」を表記するためには、"گ"の文字を使う必要があるのだが、ラテン文字表記で"Gh"となっているのは、ペルシャ文字で"ق"を使っているからで、これをラテン文字に転記する時はどちらかというと"Q"を使うことが多いような気がする。ただイラン革命で家族と共にアメリカ合衆国に亡命した時に、英語ではほとんどQを使わないので自らの表記をGhとしたのではないか(もちろん完全な推測)。

また、氏が正式に清水の監督に就任するまではマスメディアも「クォトビ」と「ゴトビ」のどちらにするか迷っていた節がうかがえる。結局アジア杯で韓国に敗れたあと、休む間もなく清水に飛んできて、記者会見をするところで「ゴトビ」と正式に呼ばれることになったわけであり、言語学的にどうとかいうよりもJリーグへの登録名の関係でこれが正式な日本における表記となったわけである。

私個人としては「クォトビ」にして欲しかったが、ラテン文字表記がGで始まる関係で「ゴトビ」になるのは英語(そう、ゴトビ監督の国籍はアメリカ合衆国なのである!)の読みとしては納得できる。例えば、軍事オタクなら誰でも知っている(と思いたい)旧ソ連の地名に「ハリコフ(現在はウクライナ語読みで「ハルキウ」となっている)」があるのだが、Khで始まるので(これはロシア語のХを英語に転記する時はKhとする慣例から来たものである)英語母語話者は「カリコフ」と読むことが多い。それから考えると、Ghotbiは「ゴトビ」になるのもしかるべきかというところである。

ゴトビ監督のつづりをペルシャ文字でフルネームを記すと、"افشین قطبی‎"となるのだが、アラビア語ないしアラビア文字の変形を用いている文字は原則として母音を記さず、記す時は特別な事情(例えば長母音)がある時のみである。そこから考えるとペルシャ語に近い表記をするつもりならば「アーフシーン・クォトビー」になるのではないかと愚考する。最も私はペルシャ語を正式に学んだことはなく、数冊の教科書を斜め読みしただけの知識しか有さないので、ペルシャ語に詳しい方で上記表記に間違いがあれば、メールなりコメントで訂正を入れて下さると非常にありがたく存じる。

『エスパルス社社員のプロ意識が欠如している件について』に続く。

2010年11月23日 (火)

日大三高、明治神宮野球大会を制す

久しぶりの母校の野球部に関する話題である(その間にも何度か甲子園に出場しているのであるが)。

http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20101119ddlk13050191000c.html
http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20101119-703849.html

この、明治神宮野球大会という、地味ながら重要な大会で我が日大三高が初優勝を収めた。しかもその決勝の相手が鹿児島実業高であった。我が校の強さをたたえるのは置いておいて、ここではどこかで既視感を抱いた話を少し書いてみたい。

当然神宮球場というのは、陸上・サッカー・ラグビーで使用される国立競技場のすぐそばにある。私は日大三高OBであることに誇りを持っているが、それと同じくらい静岡県清水市出身であることにプライドを持っている(運動神経ゼロなので、三高にとっても清水市にとっても邪魔かもしれないが)。今を去ること16年、高校サッカー選手権静岡県代表は我が本籍地から徒歩3分の清水商業高校で、その時は準決勝の相手が鹿児島実業高であった(私の脳内では決勝の相手と勘違いしていたが、Wikipediaで記憶の補正をした所、準決勝であったことを確認した)。

今年の野球の鹿児島実業高にはずばぬけた選手はいないようだったが、常に「超高校級」と形容される日大三高相手に1-4というスコアで9回を戦い抜いた鹿児島実業高の実力も侮れないと私は見た。

16年前のサッカーの鹿児島実業高には城彰二というずばぬけた選手がいたが、我らが清水商業高校(こちらもレギュラーの過半数がJリーガーになったという、とんでもないチームだったが)にあと一歩及ばず敗退していった。

私が感じた既視感というのは、日大三高と清水商業高校の共通の敵(ただしその試合限りの)として鹿児島実業高が立ちはだかったことなのである。

最も、本物の日大三高(野球部)と清水商業高校&清水東高(サッカー部)の「共通の敵」と言えば、やはり帝京高校を置いていない。三高ともなぜか帝京高校に勝てないのである。理由など理解できない(ただ、前者出身のプロ野球選手&Jリーガーは多数いるが、帝京高出身のプロ野球選手&Jリーガーというのはあまり聞かない。帝京高の、その場限りの勝利至上主義が、後のキャリアまで考えて選手を育成している日大三高・清水商業高・清水東高に対して、高校レベルでは優勢なのか、という仮説を愚考している)。

帝京高校野球部に関しては、今は懐かしのテレビ番組である『夕焼けニャンニャン』で、秋の高校都大会で日大三高対帝京高校戦があった前日の番組で、とんねるずの石橋貴明が全国放送で日大三高をバカにした発言が流され、(そこで発奮して欲しかったのだが)その通りに我が校が敗れたという屈辱のシーンまで存在する。去年の秋の都大会にしても決勝戦で帝京高に敗れ、我が校の小倉監督は「来年の夏に向けて練習しよう」とあきらめていた所に高野連から春の選抜大会出場決定の連絡が届いた。驚きながら甲子園に行ってみると、決勝戦で九州代表の興南高に破れはしたものの、準優勝という、残念ではあるが素晴らしい成績を収めて戻ってきた(え~と、帝京高は緒戦敗退だったっけ?)。

サッカーに関しては、まぁ木梨さんはキャラ的にそういうことを言わない人だから、番組内で屈辱のシーンというのはなかったが、インターハイや選手権での対戦成績を調べてみれば清水商業高&清水東高がいかに帝京に弱かったかを実感できると思う。

話を戻すと、鹿児島実業高が「共通の敵」といっても、その場限りのものであることを願うものである。というか、勝者のそばからみればそのような発言になるのは当然のことであるが、かごんまの方がこのブログを読んでいらっしゃったら、日大三高と清水商業高を同時に敵扱いされるかもしれませんが、野球の日大三高はともかく(早実が西東京地区に移転してきたのには驚いた)、サッカーの清水商業高はもはや選手権に出てくる力はないので(静岡にはユースチームが乱立しているのだよね)、どうかお手柔らかにお願いします。

2005年6月12日 (日)

ジョージ・ウェア引退

 日刊スポーツ6月12日13時18分入電のニュースによると、1995年に欧州最優秀選手(バロンドール)を受賞したジョージ・ウェア選手が11日、マルセイユで引退試合を開催。その試合でウェア選手は何とハットトリックを達成したそうです。詳しくは日刊スポーツを参照してください。
 ウェア選手はACミラン所属の1995年にバロンドールを受賞。同年にアフリカ最優秀選手にも選出された実績を誇ります。その後2000年まで同クラブに所属していましたが、寄る年波には勝てず、ここ4年ほどはUAEでプレーしていたそうです。
 ウェア選手について思い出深いのは95年のバロンドール受賞の件(この時私は清水湊の廻船問屋で"The Japan Times"を読みながら、ウェア選手の活躍について目にしていたものです)はあります。それより、2002年日韓共催ワールドカップの予選にリベリア代表選手として出場しましたが、実はそのリベリア代表チームというのは、ウェア自身が選手兼監督兼オーナーとして、自らのポケットマネーで作り上げたものなのです。
 リベリアと同組にはアフリカ第一の大国・ナイジェリアが所属しており、断トツでナイジェリアが抜け出すものと思われました。しかしリベリア代表というよりウェアのチームというのにふさわしいリベリアは最後までナイジェリアと首位争いを繰り広げました。結果は地力の差でナイジェリアに出場権を譲りましたが、リベリア代表の活躍はアフリカの熱帯雨林に一筋の涼風を吹かせてくれました。
 ウェア選手がもう10歳、いやもう5歳年長であれば、運命の流れるまま、エンボマ(カメルーン:ガンバ大阪・東京ヴェルディ1969・ヴィッセル神戸に所属)のようにJリーグに来て活躍したかもしれません。しかし、年を経て衰えを見せた時、もはやJでプレイするには老化していたことが残念です。
 引退後は大統領職に野心を燃やしているといわれますが、サッカーのリベリア代表チームで名コンポーザーぶりを発揮したウェアが、リベリア共和国のコンポーザーとなれるかどうか、興味深いところです。

Google検索



  • Google

    ブログ内を検索
    WWW全体を検索

アマゾン

  • Amazonおまかせリンク(R)

楽天ブックス

雑誌のFujisan.co.jp

  • NHKラジオ まいにちロシア語

    これからロシア語の世界を学びたい方へ。 今期はロシア語入門で、難しいと思われている文法をやさしく解説します。
  • NHKラジオ まいにちドイツ語

    楽しく、着実にドイツ語を身につけよう! 〈入門編〉では、聴き続けることで基礎を習得。〈応用編〉は、「使える便利な表現」「日本を紹介する」などで表現力アップを目指します。
  • NHKラジオ 実践ビジネス英語

    ビジネスで役立つ英語力、高い検定試験獲得を目指す方へのテキスト。 電話、Eメール・プレゼンテーション・会議など、ビジネスで役立つ英語力が身につきます。各種検定試験の対策にも最適です。前期は外資系ホテルでのサービス業、後期はジョイント・ベンチャーを取り上げ、実際のビジネスシーンを想定したスキットを展開。
  • NHKラジオ 入門ビジネス英語

    ビジネスマナーや英語的発想法も学べます!
    よく知っているやさしい単語を組み合わせて、状況に最適なフレーズを使いこなせることを目標にした、機能重視のアプローチ。ビジネスシーンで信頼度がアップする、ビジネスマナーや英語的発想法も学べます。現役ヘッドハンターがナビゲートする新感覚ビジネス英語講座。
  • NHKラジオ英会話

    学生から大人まで、やさしい英語でみんなが楽しめる
    5ワード前後の短いフレーズによるダイアログ(会話)、実践的な文法解説、ライブ・レポート(実況中継)や英語の歌など楽しめる要素も満載。オリジナルCMの聴き取りにも挑戦して、目指せ、ナチュラル・スピード!