2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Google Ads

ラジオ

2005年6月 2日 (木)

NHKラジオ『英会話中級』と『英会話上級』についてわかったこと

 5月31日の記事で『英会話中級』と『英会話上級』の番組構成がわからないと愚痴をこぼしました。しかし愚痴をこぼすだけでは進歩がないので、両番組をMDに録音して、何度も再生して確認することにしました。それでわかったことですが、これらのプログラムは大体以下のようになっています。

『英会話中級』
スキット再生→Words & Phrases→スキット説明→スキット再生→FUNCTION & Try It!→STRUCTURE→PRONUNCIATION→スキット再生

『英会話上級』
ダイアローグ再生→Vocabulary→ダイアローグ説明→ダイアローグリピート→Key Expressions→ダイアローグ再生→Back in the U.S.A.

ついでに同じようにして確認した『英会話レッツスピーク(月曜日~水曜日)』
前日のLet's Listen and Writeの復習→スキット再生2回→Vocabulary→スキット説明→スキットをセンテンスごとにリピート練習→ロールプレイ→Let's Listen and Write→Let's Read Out Loud→Let's Listen and Answer→スキット再生

と、このように番組の中身は分かりました。今度は、これを使ってどう勉強するか、または『英会話入門』『英会話中級』『英会話上級』『英会話レッツスピーク』の四番組をどのように取捨選択するかがポイントになってくるのでしょうね。

 あくまで私の印象ですが、『英会話中級』と『英会話上級』はほかに比べて密度が薄いような気がします。『英会話レッツスピーク』は月曜日から土曜日まで毎日番組内容が更新される上に、(あくまでも月曜日から水曜日まで聴いた印象ですが)たった15分間に放送される内容も非常に高密度な印象を受けました。

 そうだとすれば、『英会話入門』と『英会話レッツスピーク』の2番組をしっかり聴いて、番組のプログラム通り勉強すれば、たぶん最高に効率がいいでしょう。しかし、うっかり者の私にとっては、『英会話レッツスピーク』を毎日聞き続けるというのは、聞き忘れないように高度に緊張する必要があってつらいところです。最もスペイン語と中国語も月曜日から木曜日までだけとはいえ、大体毎日聴いているのですから、聞き忘れを特に恐れる必要はないのかもしれません。でも、いくら私がニートとはいえ、NHKの語学番組だけのために生活のすべてをささげるわけにもいかず、難しいところです。

 今考えているのは、NHKの語学番組テキストの広告欄によく出ている"Talk Master II"を買えば、聴き忘れというか録音し忘れがなくなって便利だろうと思っているところです。幸い、この座敷牢のある町には三省堂書店があることだし、三万円が捻出(ねんしゅつ)できればすぐに買えるのでそれがベストです。現在は今月の財布からその三万円をひねり出せるかどうか検討中のところです。

 最も、代案として『英会話中級』『英会話上級』を聴くことにしたときに、どのようにこの番組を調理すればいいのかも考えておいた方がいいのかなぁ、と思っています。誰かいいアイデアのある方は私までコメントあるいはメールを下さい。

2005年5月31日 (火)

NHKラジオ『英会話中級』と『英会話上級』について

 世の中にはこのブログの主のように、NHKの語学番組のテキストを山ほど買い込む方もいらっしゃるようです。かくいう私も、

【定番】
ラジオスペイン語講座
ラジオ中国語講座

に加えて、

ラジオ英会話入門
ラジオ英会話中級
ラジオ英会話上級
ラジオ英会話レッツスピーク

と意気込んで買ってしまいました。

 スペイン語と中国語は4月から勉強中だから、本当に続いていて、頭の中に入っているのかは別として、テキストの購入を継続するのは問題ないわけです。
 問題は英語講座です。英語自体は、特に読むことに関しては、ボキャブラリーが足らないので苦労はするものの、特別に問題はなく読めますし、最近はその機会から遠ざかっていますが、話すことと書くことも、一定の限界はあれ何とかできます。でも、リスニング、特にネイティブの話す英語はとても聞き取れるものではありません。これには前々から危機感を持っていたわけですが、特に対策を講じるわけではなく、今現在必要がないので、最近までほったらかしにしていました。
 転機となったのは、今月3日の記事にあるように、ラジオの語学講座を流しっぱなしにして何となく英会話などの番組を聞くようになってからです。英会話入門は私が自由の翼を付けていたはるか昔のころと番組の構成はほとんど同じですので、聴き方や勉強の仕方も特に気にすることはありません(でも来月のテキストは買いましたが)。問題は『英会話中級』と『英会話上級』です。たぶんこの両番組は昔でいうところの『英会話』に相当するのだろうとは思っていましたが、1ヶ月近く聴いていてもどういう番組構成なのかが見えてこなかったのです。そこでテキストを買ってどういう態度で聴けばいいのか考えてみようとしましたが、テキスト+ラジオ番組聴取を2日続けてもなかなかうまい答えが出てきません。テキストに一応の勉強の仕方は書いてありますが、これもはっきりしない書き方で、ガイドラインたり得ないというのが実際です。
 どうやら、yuna様のアジア言語を楽しむブログによると、英会話中級と英会話上級の方向性がはっきりしない、という厳しい指摘もあって、迷っているのは私だけではないのかな、というように感じられます。コメント欄を見てもそのような指摘があって、みんな結構迷っているのかもしれません。
 最も、L-monger様の外国語学習日記というブログにとりあえずの勉強の仕方が書いてありまして、それを参考にするというのもいいのではないかという気がします。
 
 ところで、運悪く(運よく?)このブログに迷い込んできた方に伺いたいのですが、本当に英会話中級と英会話上級はどのように聴き、どのように利用して学習すればいいのかおわかりの方はいませんでしょうか。いらっしゃれば、コメントやトラックバックで私にご指導ご鞭撻(べんたつ)をお願いします。

Google検索



  • Google

    ブログ内を検索
    WWW全体を検索

アマゾン

  • Amazonおまかせリンク(R)

楽天ブックス

雑誌のFujisan.co.jp

  • NHKラジオ まいにちロシア語

    これからロシア語の世界を学びたい方へ。 今期はロシア語入門で、難しいと思われている文法をやさしく解説します。
  • NHKラジオ まいにちドイツ語

    楽しく、着実にドイツ語を身につけよう! 〈入門編〉では、聴き続けることで基礎を習得。〈応用編〉は、「使える便利な表現」「日本を紹介する」などで表現力アップを目指します。
  • NHKラジオ 実践ビジネス英語

    ビジネスで役立つ英語力、高い検定試験獲得を目指す方へのテキスト。 電話、Eメール・プレゼンテーション・会議など、ビジネスで役立つ英語力が身につきます。各種検定試験の対策にも最適です。前期は外資系ホテルでのサービス業、後期はジョイント・ベンチャーを取り上げ、実際のビジネスシーンを想定したスキットを展開。
  • NHKラジオ 入門ビジネス英語

    ビジネスマナーや英語的発想法も学べます!
    よく知っているやさしい単語を組み合わせて、状況に最適なフレーズを使いこなせることを目標にした、機能重視のアプローチ。ビジネスシーンで信頼度がアップする、ビジネスマナーや英語的発想法も学べます。現役ヘッドハンターがナビゲートする新感覚ビジネス英語講座。
  • NHKラジオ英会話

    学生から大人まで、やさしい英語でみんなが楽しめる
    5ワード前後の短いフレーズによるダイアログ(会話)、実践的な文法解説、ライブ・レポート(実況中継)や英語の歌など楽しめる要素も満載。オリジナルCMの聴き取りにも挑戦して、目指せ、ナチュラル・スピード!