2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Google Ads

英語学習

2010年9月27日 (月)

日本における外国語教育(特に英語について)

http://lm700j.at.webry.info/201009/article_26.html を起点に、

http://togetter.com/li/53889 を発見して考えたことを少し論じてみたい。ただ、このサイトはツイッターとリツイートを元に作られたサイトだが、すべてのリツイートを見ているわけではないので、私の論述に過ちがあるかもしれない。どちらかというと、語学教育だけではなく、エリート教育すべてに関する論考と思って下さい。

よく日本人のTOEFLの平均点がアジア最低、世界最低と言われることがあり、その理由に「日本人は裕福だから、留学を目的としないものも受験する」と言われる。そして受験者がアジアでは圧倒的に多数であることもその補助線として加えられることが多い。

しかし、このリツイートを見ると、日本の受験者は7万人、韓国の受験者は10万人と、人口比が5:2であるにもかかわらず、韓国の方が受験者が多いのである。まぁかの国の留学熱によって、この10万人はほぼすべて留学希望者と見て良いのだが。

そういえば日本人で正規留学を希望するものは何を目的とするのだろうか。日本では国内の四大を卒業して新卒で入社した企業に定年まで働き続けることが(一種のファンタジーとはいえ)、最高のキャリアコースト見なされている。ここに留学というものの入る余地はない。むしろ留学する者はキャリアコースから外れた者と見なされるのではないか。

もちろん例外はいる。学者志望者とキャリア官僚見習いあたりか。あと、マスメディア周辺で生息する連中にもいそうな気がする(それは前者の落ちこぼれなのだろうか)。そういった連中が世論を形成するのだから、日本人のTOEFLの平均点の低さを嘆くのはよくわかる。しかし、果たして日本人の上位五分の二と下位五分の二の人生キャリアコースに外国語の必要性はあるだろうか(上位五分の一ならさまざまなキャリアコース―上記の学者とキャリア官僚など―が考えられるので除外した。五分の二だと、先述の「最高のキャリアコース」を歩んでいる者を想定しえると考えたのでここを定めた)。

このレベルだと、もし急に英語が必要になった時、上位五分の二なら会社や役所が研修を用意して英語力をつけてくれるだろうし、下位五分の二ならどこの国でもブロークンイングリッシュで押し通してしまうのではないか。海外旅行でむちゃくちゃな英語で買い物をしても、大して問題がない、アレである。そのレベルでいい英語力ならば、むしろ国際的観光地の土産物屋のおっちゃんおばちゃんの英語力は、「ある意味で」非常に高い(時には中国語だったり韓国語だったりする可能性もあるが)。生活に直結しているからだ。だが、あの英語を教えて欲しいという英語学習希望者は、誰もいないと私には確信できる。

そして日本という国は実際、学者・キャリア官僚と国際的観光地の土産物屋にいるおっちゃんおばちゃん以外は外国語を必要としない国なのである。これが韓国だと留学経験者は社会のさまざまな場面で優遇されると聞く(逆に日本と同様に韓国式生活様式とかけ離れているので敬遠されるという話も聞くが、どちらが正しいのだろうか)。もちろん外国語熱は非常に高く、私のような下位五分の一に属する者でもいろいろな外国語を学び散らしているし、各カルチャーセンターにおける英語を含むさまざまな外国語のコースは満員御礼である(中には一般人にとって聞いたことがない国の言葉のコースは最低開催人数不足で開講できないこともあるが)。

そういう国の外国語教育のあり方というモノを、大陸国で、四方を国境に囲まれている国の外国語教育と同列に考えるのは何かおかしいのではないか、という常識は働かないのだろうか。この問題に関しては、先述の学者希望者・キャリア官僚の見習いを除いて、自分の頭で考える必要があるのではないか。繰り返すが、この問題はどこにも参考になる国はない(韓国なら、反面教師としてなら非常に参考になると思う)。

私の提案は(というよりは自分に言い聞かせることなのだが)、外国語が生活に必要な者を除いて(本当は含めてなのだが)、カルチャーセンターあたりで外国語を学ぶ者は、それでもその言語に通じたいなら練習の量と時間を確保することであり、それがさまざまな理由や人間関係で不可能なら、カルチャーセンターの~語講座とは~語を習うと称して人間関係を築く場であると割り切るのが筋である。

こういう問題は前のエントリーでご登場願った黒田龍之助先生が詳しそうなのだが、私には氏にお話を聞くためのコネがないので、問題点を列挙して、最低の提案を自分でして見た。このブログのウォッチャーさんたちにも是非コメントでご参加願いたいものです。

2010年9月 4日 (土)

英語を勉強するわけ

ここのところフランス語だ、ロシア語だといわゆる第2外国語に執着しているようだが、やっぱり大事なのは、今や世界共通語の一歩手前まで来ている英語である。私がいわゆる第2外国語の方に熱心なのは、英語だけだと見方が一方的なってしまう危険があるような気がするから、第3の視点として英米に必ずしも従順ではない国の公用語を習っているという側面がある。

それでも私のメジャー(専攻)というべき国際政治学はほとんどすべて英語で切り開かれ、英語で発展していった歴史があるので、この学問を深めるにはやはり英語を相当深く勉強しなければその神髄に少しでも近づいたとは言えないのではないか。猪口邦子元少子化担当大臣などは、この学問は本質的には英語でしかできないから、上智大学勤務時には優秀な学生にはアメリカ留学を勧めていたという。

最も私の場合、ではどうして大学生のころに英語を真面目にやらなかったのかという疑問が周囲360度から聞こえてきそうだが、終わってしまったことを回想したり反省したりするのがこのブログの目的ではないのでそこは不問に付してもらいたい。ただいま受けて取れそうなTOEICの点数とか、これからTIMEの本誌ではなくTIME for Kidsを読むことにするとか、何か話が遅いような気がするのは否めない。まぁ遅くても全く勉強しないよりはましだと思うので、亀の歩みのごとくではあるが、英語力増進を進めてみたい。

ところで、唐突に何で英語の話を書いたかというと、少し前に英会話の名著(であった、という意見も少しある)『入門用アメリカ口語教本』の本を手に入れ、少し前にお金が入ったのでそのCD音源もamazon.co.jpの中古本で注文を出したからである。文法自体は中学初級のものなので、あとは実行あるのみであるが、その「実行」が私にはひどく難しいものである。まぁそれでも暇を見つけて英会話の練習を心がけたいものである。

あとは奥山真司先生のように、戦略学・地政学に関する大事な文献で和訳されていないものを、英語(・フランス語・ロシア語)から是非和訳して出版したいものである。この点に関してはもちろん実力が第一なのだろうが、何だか出版社とのコネがないと本の出版まではこぎつけられないのではないか、といういらない心配もある。

それに私の性格上、書いてあることを書いてあるままに訳すのは不可能ではないが、いわゆる意訳というのがほとんど不可能なのではないか、という心配もある。まぁ文学でない論文でそこに関する心配は余りいらないのかもしれないが。つまり日本語力である。モノの本によると25歳を過ぎると日本語力の強化は不可能になるそうで、言葉によるコミュニケーションを最も不得手としている私としては、その能力を向上させるべき数多の病院を渡り歩いたが、どこの病院も私の言語表現能力の低さにさじを投げた感じであった。

それでもやらねば一生無職なので、何かいい方法はないか。

2005年6月 9日 (木)

外国語をリスニングするのに必要な能力

 4日の記事で、『NHKラジオの英語講座をフル活用した簡単上達法』に書いてある方法で勉強しようかな、と考えたわけですが、本を読んで「楽勝!」と思うのと(いや、そこまでは思いませんでしたが)、実際に勉強してみるのとでは雲泥の差がありますね。
 何が原因かというと、私の頭のリテンション能力が思った以上に低いことです。リテンションとは、音なり声なりを聞いて、それを頭の中にとどめておくことを言います。大体私のリテンション能力は5~6単語くらいです。これだと『英会話入門』ならば何とかついていけるけど、『英会話中級』『英会話上級』『英会話レッツスピーク』は歯が立たないということになります。
 実際、それらの講座を聴いて、スキット(ダイアローグ)を1センテンスごとにリテンションをしようとしても、スキット(ダイアローグ)がまるで頭に残っていません。しかし、テキストを無駄にしたくはないので、7~8年前に『英会話』で勉強したときのように、テキストを見て50回音読する、という方法を採用しようかと検討中です。ただ今は、MDで録音・再生できるので、それをフルに活用して、音読の際に必ずスキット(ダイアローグ)を再生して、なるべく声をMDから聞こえてくる音に合わせるように努力する、という方法を採用して、まずはスピーキング能力を育成するのがいいかと悟りました。けれども、リテンション能力を養成しなければ、例えばTOEICを受けるときにリスニングが全くできない、ということになるので、何かリテンション能力を育てる方法を別途考える必要があります。
 蛇足ですが、今年のNHKラジオの英語講座は、去年まであった『基礎英語3』がなくなった関係で、『英会話入門』が中3~高1程度、『英会話中級』が高校生程度、『英会話上級』が社会人向けと、どうも色分けされているような感じがします。根拠はといえば、テキストの広告が主ですが、『英会話中級』は登場人物がハイスクールの生徒とその両親で、『英会話上級』は登場人物が社会人で話題も文化的なテーマを扱っているというところからそのように想像しました。『英会話入門』はレベルは中学上級からと考えられますが、番組内容としては「英会話の入門」という位置づけがされていて、別に大人が聞いてもおかしくない番組内容のような気がします。
 さらに蛇足を続けますと、去年の4月~9月までのラジオ中国語講座入門編では、入門レベルの中国語学習者が例文をリピートできる語数は6~7文字である、という考えに則って、なるべく短い文を読ませることにしていました。これは先のリテンション能力と関係があるのではないか、という気がします。

2005年6月 4日 (土)

NHKラジオ英語講座を利用した勉強法

 さて、2日までにNHKラジオの英語講座各番組のプログラム(基礎英語を除く)が解析できたわけですが、そうすると今、気にしているのは、そのプログラムを使ってどのように自分の勉強メニューを組み立てるかが問題です。
 その手助けとなるモノを今日、本屋で見つけてきました。『NHKの英語講座をフル活用した簡単上達法(川本佐奈恵著・ベレ出版)』という本です。以前からこの本だったか、この本に類する本だったかの存在は知っていましたが、ここ数年はNHKラジオの英語講座に全く関心がなかったので、そのような本を気にかけませんでした。やはり必要とおもうと気にとめるかどうかが違うものです。
 この本に書かれている勉強方法を披露すると、結局本を買ってもらえなくなって著者に恨まれるので、簡単な紹介にとどめておきます。その主な内容は、メインにする講座は一つに絞り、NHKで出しているテキストは必ず買って、一般に効果があるとされている勉強方法をできるだけ多く適用して、一つの講座とテキストをとことん使い尽くすことが重要だということです。
 私が伸ばしたい英語の能力は、本来は主に読解力と作文力、すなわち書き言葉系統なので、ちょっとこの本の書いてあることに異議を唱えたいかな、と思うこともあります。それに文法軽視で、というか講座のスキットを完全に消化すれば文法力も自然に身に付く、という母語の文法教育を援用した考え方には異議を唱えたいです。やはり私たちはすでに外国語を自然に身につけられる年齢を超えているわけで、その意味では文法から入る、という方法は有効であると考えるのと、書き言葉や、話し言葉でもフォーマルな場面で使う言葉の正式な文法はきちんと勉強して覚えるものだと私は考えているからです。
 しかし、NHKラジオの英語講座各番組(基礎英語を除く)が目的にしているのは、あくまでも会話力の養成で、会話の英語は必ずしも文法通りにいかないものですし、私もNHKラジオの英語講座を利用するのはあくまでもリスニング力を付けるという目的なことを明確に心しておけば、十分利用価値はあると思います。
 まだこの本を買ったばかりで書評できるように一読はしましたが、内容が完全に頭の中に入っているとはいえないので、あしたにでも赤線青線を引いて本の中身を十分に把握してから自分の勉強メニューを組んでみたいと思います。

2005年6月 2日 (木)

NHKラジオ『英会話中級』と『英会話上級』についてわかったこと

 5月31日の記事で『英会話中級』と『英会話上級』の番組構成がわからないと愚痴をこぼしました。しかし愚痴をこぼすだけでは進歩がないので、両番組をMDに録音して、何度も再生して確認することにしました。それでわかったことですが、これらのプログラムは大体以下のようになっています。

『英会話中級』
スキット再生→Words & Phrases→スキット説明→スキット再生→FUNCTION & Try It!→STRUCTURE→PRONUNCIATION→スキット再生

『英会話上級』
ダイアローグ再生→Vocabulary→ダイアローグ説明→ダイアローグリピート→Key Expressions→ダイアローグ再生→Back in the U.S.A.

ついでに同じようにして確認した『英会話レッツスピーク(月曜日~水曜日)』
前日のLet's Listen and Writeの復習→スキット再生2回→Vocabulary→スキット説明→スキットをセンテンスごとにリピート練習→ロールプレイ→Let's Listen and Write→Let's Read Out Loud→Let's Listen and Answer→スキット再生

と、このように番組の中身は分かりました。今度は、これを使ってどう勉強するか、または『英会話入門』『英会話中級』『英会話上級』『英会話レッツスピーク』の四番組をどのように取捨選択するかがポイントになってくるのでしょうね。

 あくまで私の印象ですが、『英会話中級』と『英会話上級』はほかに比べて密度が薄いような気がします。『英会話レッツスピーク』は月曜日から土曜日まで毎日番組内容が更新される上に、(あくまでも月曜日から水曜日まで聴いた印象ですが)たった15分間に放送される内容も非常に高密度な印象を受けました。

 そうだとすれば、『英会話入門』と『英会話レッツスピーク』の2番組をしっかり聴いて、番組のプログラム通り勉強すれば、たぶん最高に効率がいいでしょう。しかし、うっかり者の私にとっては、『英会話レッツスピーク』を毎日聞き続けるというのは、聞き忘れないように高度に緊張する必要があってつらいところです。最もスペイン語と中国語も月曜日から木曜日までだけとはいえ、大体毎日聴いているのですから、聞き忘れを特に恐れる必要はないのかもしれません。でも、いくら私がニートとはいえ、NHKの語学番組だけのために生活のすべてをささげるわけにもいかず、難しいところです。

 今考えているのは、NHKの語学番組テキストの広告欄によく出ている"Talk Master II"を買えば、聴き忘れというか録音し忘れがなくなって便利だろうと思っているところです。幸い、この座敷牢のある町には三省堂書店があることだし、三万円が捻出(ねんしゅつ)できればすぐに買えるのでそれがベストです。現在は今月の財布からその三万円をひねり出せるかどうか検討中のところです。

 最も、代案として『英会話中級』『英会話上級』を聴くことにしたときに、どのようにこの番組を調理すればいいのかも考えておいた方がいいのかなぁ、と思っています。誰かいいアイデアのある方は私までコメントあるいはメールを下さい。

2005年5月31日 (火)

NHKラジオ『英会話中級』と『英会話上級』について

 世の中にはこのブログの主のように、NHKの語学番組のテキストを山ほど買い込む方もいらっしゃるようです。かくいう私も、

【定番】
ラジオスペイン語講座
ラジオ中国語講座

に加えて、

ラジオ英会話入門
ラジオ英会話中級
ラジオ英会話上級
ラジオ英会話レッツスピーク

と意気込んで買ってしまいました。

 スペイン語と中国語は4月から勉強中だから、本当に続いていて、頭の中に入っているのかは別として、テキストの購入を継続するのは問題ないわけです。
 問題は英語講座です。英語自体は、特に読むことに関しては、ボキャブラリーが足らないので苦労はするものの、特別に問題はなく読めますし、最近はその機会から遠ざかっていますが、話すことと書くことも、一定の限界はあれ何とかできます。でも、リスニング、特にネイティブの話す英語はとても聞き取れるものではありません。これには前々から危機感を持っていたわけですが、特に対策を講じるわけではなく、今現在必要がないので、最近までほったらかしにしていました。
 転機となったのは、今月3日の記事にあるように、ラジオの語学講座を流しっぱなしにして何となく英会話などの番組を聞くようになってからです。英会話入門は私が自由の翼を付けていたはるか昔のころと番組の構成はほとんど同じですので、聴き方や勉強の仕方も特に気にすることはありません(でも来月のテキストは買いましたが)。問題は『英会話中級』と『英会話上級』です。たぶんこの両番組は昔でいうところの『英会話』に相当するのだろうとは思っていましたが、1ヶ月近く聴いていてもどういう番組構成なのかが見えてこなかったのです。そこでテキストを買ってどういう態度で聴けばいいのか考えてみようとしましたが、テキスト+ラジオ番組聴取を2日続けてもなかなかうまい答えが出てきません。テキストに一応の勉強の仕方は書いてありますが、これもはっきりしない書き方で、ガイドラインたり得ないというのが実際です。
 どうやら、yuna様のアジア言語を楽しむブログによると、英会話中級と英会話上級の方向性がはっきりしない、という厳しい指摘もあって、迷っているのは私だけではないのかな、というように感じられます。コメント欄を見てもそのような指摘があって、みんな結構迷っているのかもしれません。
 最も、L-monger様の外国語学習日記というブログにとりあえずの勉強の仕方が書いてありまして、それを参考にするというのもいいのではないかという気がします。
 
 ところで、運悪く(運よく?)このブログに迷い込んできた方に伺いたいのですが、本当に英会話中級と英会話上級はどのように聴き、どのように利用して学習すればいいのかおわかりの方はいませんでしょうか。いらっしゃれば、コメントやトラックバックで私にご指導ご鞭撻(べんたつ)をお願いします。

Google検索



  • Google

    ブログ内を検索
    WWW全体を検索

アマゾン

  • Amazonおまかせリンク(R)

楽天ブックス

雑誌のFujisan.co.jp

  • NHKラジオ まいにちロシア語

    これからロシア語の世界を学びたい方へ。 今期はロシア語入門で、難しいと思われている文法をやさしく解説します。
  • NHKラジオ まいにちドイツ語

    楽しく、着実にドイツ語を身につけよう! 〈入門編〉では、聴き続けることで基礎を習得。〈応用編〉は、「使える便利な表現」「日本を紹介する」などで表現力アップを目指します。
  • NHKラジオ 実践ビジネス英語

    ビジネスで役立つ英語力、高い検定試験獲得を目指す方へのテキスト。 電話、Eメール・プレゼンテーション・会議など、ビジネスで役立つ英語力が身につきます。各種検定試験の対策にも最適です。前期は外資系ホテルでのサービス業、後期はジョイント・ベンチャーを取り上げ、実際のビジネスシーンを想定したスキットを展開。
  • NHKラジオ 入門ビジネス英語

    ビジネスマナーや英語的発想法も学べます!
    よく知っているやさしい単語を組み合わせて、状況に最適なフレーズを使いこなせることを目標にした、機能重視のアプローチ。ビジネスシーンで信頼度がアップする、ビジネスマナーや英語的発想法も学べます。現役ヘッドハンターがナビゲートする新感覚ビジネス英語講座。
  • NHKラジオ英会話

    学生から大人まで、やさしい英語でみんなが楽しめる
    5ワード前後の短いフレーズによるダイアログ(会話)、実践的な文法解説、ライブ・レポート(実況中継)や英語の歌など楽しめる要素も満載。オリジナルCMの聴き取りにも挑戦して、目指せ、ナチュラル・スピード!