2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Google Ads

書籍・雑誌

2011年12月26日 (月)

市立中央図書館へ

私は市立図書館に3冊の本を予約している。『アラブ革命はなぜ起きたのか』と『幻想の平和』にしても11月中旬に予約して、12月16日正午時点でまだ何も音さたがない。とはいえ、この2冊は借りている人が返してくれれば、すぐにでも読める状態にある、といっても構わない。しかし何というか、11月時点からこの2冊は予約者リストに複数人が名を連ねているように思えた。それでどうして12月のクリスマスまで終わったこの時期に借りられないのかが、非常に不思議である。

前者の本は、露米の衰退を人口学の観点から予言しているエマニュエル・トッドの著作であり、後者は戦略学者の奥山真司氏が翻訳したということで、それなりに日本でも知名度があると思われる(特に奥山博士が訳した本は大抵が市場に出回る。岩波書店のように買い切りではないので、そこそこ知名度はあるであろうし、実際我が市の中央図書館には『幻想の平和』を含めて分厚い本が3冊入庫している)。

このあたりはまだ我慢できるが、我慢できないのは7月末に予約を入れた『Google英語勉強法 お金をかけずにネイティブから学べる』である。確か予約当時に8人並んでいたと思われるが、年末のこの時期に、ウェイティングサークルにはまだ5人の名を連ねている。この本だけ誰かに盗まれたのか、それとも図書館当局が本気で貸すつもりはないのか、と我が邪念は疑心暗鬼になっている。

こうなれば市立図書館の愚痴を吐きまくるだけである。というのは、平日午後7時まで開館、土日祝は5時まで開館で、祝日は原則開館、というのは、地方都市の図書館にはよくあるが、周囲の図書館は土日祝も午後7時まで開館しているところもあり、すごいところになると午後10時まで開館、床まである始末である。それに休館日も月一回連休させて、それ+α程度が閉館日というのも普通にある。なぜ東京にあって、なぜ企業城下町にあって、このようなざまなのだろうか。それから多摩地方の図書館と23区内の図書館の違いなのであろうが、前者はその都市に在住・在学・在勤者をメインに貸し出しているが、後者はどこに住んでいても(稚内に住んでいても、与那国島に住んでいても―というのは理論上の話だと思うが)図書館から本を借りることができるという違いがある。

我が町の図書館は、現代型の図書館の草分けとして、図書館関係者には評判が高い。ただ、「草分け」ということで、何となく昭和40年代の運営で続けているうちに、周りの都市の図書館がサービスを強化して、結果として現在においては我が町の図書館は運営面で周囲と比べて著しく劣るようになってしまった(いや、図書館員個人は皆さん優しい方々ですよ)。我がの市長が保守派で、図書館などというお金を生まないところにあまり大金を投じたくはないのだろうが、ひとつずつ直してもらいたいものである。

それから、我が町とは無縁の話であるが、道南に住んでいる某軍学者は、日本の図書館事情の貧困さを嘆き、その改善を期待しているみたいだが、そもそも日本みたいに一冊あたりの書籍代金がだいたい欧米より安いので、私のような特殊事情を抱えているもの以外にとっては、ある分野で趣味でも仕事でも知識を深めたいものは、図書館で借りたりなどせず、自分で必要な書籍を買い集めるのが常識である。

それから同じく軍学者にお知らせしたいのは、千葉県ならともかく、東京の各市の図書館員に、司書を採用してずっと彼/彼女に本を扱わせると信じ込んでいるみたいだが、都下の図書館では市役所の一セクションとして扱われており、単なるジョブローテーションに一部に図書館勤務が入る、という形式を取っている。詳しくは辻由美著『図書館であそぼう 知的発見のすすめ』(講談社現代新書 1999)を読了して欲しい。

2011年10月30日 (日)

試運転

どうも固定読者の方々、3カ月近く更新をサボっていて申し訳ありませんでした。サボっている間に日大三高は甲子園で優勝するは、国体も制覇するはといった具合で、本来なら三高ネタだけでも書くこと盛りだくさんという感じなのですが、言い訳しますと、やはりTwitterに慣れてしまいますと、長い文章を書くのがおっくうになってきます。

しかしそれではまずいので、現状報告だけでもしておきます。韓国語とセルビア語(最近、セルビアを「ゼルビア」と空目する傾向が現れてきた。何せゼルビアの監督はセルビア人だし)は講座には出席していますが、相変わらず復習しないので腰砕けになっています。今からなら間に合うから復習しなければと思いつつ日々を過ごしています。その二言語を含めて今勉強しようとしているものの優先順位を並べると、①韓国語②セルビア語③フランス語④中国語⑤英語⑥ロシア語⑦ドイツ語といった具合になっています。実際には③以下は時々かじるのがせいぜいではないかというところですが、チャンスが来たら正式に習うか、今でも独学でできる部分はそうするかというように心の準備をしています。

それから話は変わりますが、最近、どうも狗頭の町の中央図書館で働いている所員さんたちに、私は一種のクレーマー扱いを受けているみたいである(といっても別に暴力を振るったり、館内で大声を上げたりしている訳ではない)。問題は本のリクエストなのですが、通常市の図書館に蔵書されていない書籍を読もうとすると、東京では都の中央図書館から本が取り寄せられて、特別な扱いで貸出を受けることが普通です。しかし私の場合は、リクエストの紙を館員に渡す時に、「できるだけ市の図書館で購入して欲しい」と口頭でではありますが、お願いをしています。普通ならばそのような利用者の声など無視して構わないはずなのに、私の場合はどうもお願い通りになることが結構多いのです。さらには、少し前の話なのですが、大して読めないフランス語の、新語辞典をリクエストしたら本当に蔵書として購入していただいた(ただし参考文献扱いなので、借りることはできない)。

図書館の件については、私鉄沿線の7市(ただしそのうちの1市は、本来的に「いや、そこは違う鉄道会社の沿線だろうがJK」という感じですが)の図書館連携事業というのがあり、それに加わっている別の市にある図書館からも本を借りているので、現時点では図書館から30冊以上の本を借りている状態です。まぁそのよその町ではあくまでも「お客さん」なので、特にリクエストすることはありません。ただ市が違うと図書館の空気も違ってくるので、結構使いでがあります。

とりあえず以上が現在報告というところです。

2011年1月13日 (木)

ゴトビ監督は元ペルシャ人&『マルチリンガルの外国語学習法』より

多言語話者(「ポリグロット」とか「マルチリンガル」と呼ぶ)を何となく目指している私は、実際に多言語話者の勉強に関する本を書店で見つけると買ってしまう傾向がある。その中で今回は『マルチリンガルの外国語学習法』(石井啓一郎著・扶桑社新書)の中に書かれていた内容を取り上げたい。この本は安易に多言語習得ができるという考え方に警鐘を鳴らしている。ロマンス諸語であるスペイン語・カタロニア語・フランス語・イタリア語がいかに違うかを綿々と唱えている個所さえある(第五章)。

著者が多言語話者になった経緯は、あくまで文学の習得がきっかけという。この著者の使える言語リストの中にはペルシャ語が含まれていることが重要である。ただペルシャ語に向かう筋には紆余(うよ)曲折があり、アフシン・ゴトビ清水監督を亡命させたイラン革命が著者のマルチリンガルとなったきっかけではあるが、日本の大学でイスラム学を教える大学は数が少ない上に偏差値が高いということで上智大学の出身となったわけであり、そこは当然ミッションスクールなので、キリスト教サイドから見たイスラム教なので、先に習得した言語はスペイン語やフランス語である。そこから東に進んで、最後にたどり着いたのがペルシャ語というわけだそうだ。そしてそれらを学んだのはほとんどが文学の研究目的であるが故ということである。この著者が味わわされたものが、下で詳述する「タァーロフ」である。

ペルシャ人の社交儀礼に「タァーロフ」という習慣がある(pp90-93)。まぁ、日本でいうお世辞に近いものであるが、あえて上記のようなペルシャ語でこの著者は紹介している。まぁイランに限らずどこの国でも少しその国の公用語が話せる人間にこそ「~語が上手ですね」というのは(多分)世界共通なものだと思うが、この「タァーロフ」は単なるお世辞以上の意味を持っているような気がする。

アジア杯終了後に来日する清水エスパルスのゴトビ新監督は果たしてそのような習慣を身につけているペルシャ系アメリカ人である。エスパルスにゴトビ監督が着任してからはどのような言動をするであろうか。ゴトビ監督が主(ホスト)で、選手が従(ゲスト)な訳であって、ホストたるペルシャ系の人間が実際に「タァーロフ」を発揮したらどうなるであろうか。

ある選手にある種の直すべきアクションがあるとして、それを指摘するというよりは、別の長所たるアクションを褒めるということになりはしないだろうか。昔のプロ野球で元阪急・日本ハムの上田監督が「え~で、え~で」と褒める選手が真っ先につぶされていくという現象があったが、我が清水エスパルスでその再現が起きる、というのは杞憂(きゆう)であろうか。もちろんそうであって欲しいし、ゴトビ監督は教育のほとんどを合衆国で受けている(大学はUCLA)ので、率直な欠点指摘と重要な修正の方法を伝授することができると思いたいが、現在イラン代表監督をしているゴトビ新監督は、やはりペルシャ人としての行動様式を身につけている可能性が高い。

まぁ最近の記事で、ゴトビ監督は策士かつ戦術家であることを証明したが、選手の育成については、今のところ不明である。UCLA在籍中からサッカー指導者/アナリストの道を歩んでいるゴトビ監督ならば合理主義を発揮してくれるだろうと信じたい(UCLAでは機械工学を学んだという)。

2011年1月 8日 (土)

黒田龍之助先生の新著を読み始めました

まだおとそ気分が抜けていない時期であるが、社会人ならばもう仕事は始まっているので、そうゆっくりしているわけにもいくまい。

ところで、この「狗頭羊肉」ブログであるが、アクセスの際に使われる検索ワードを調べると、「日大三高」と「黒田龍之助」(もしくはそれに近い単語)が2トップを形成している。

日大三高は今春の甲子園出場が内定している(が、大会寸前に不祥事を起こして、日大三高の対戦相手となりそこねた明徳義塾高のような例もあるので、用心、用心)ので、その関係だと思う。実際に去年11月23日付のブログでそのことに言及してあるので、そこに吸い寄せられるのであろう。

しかし、黒田龍之助先生の件については、確かに去年の9月2日のブログで取り上げたが、あれは本当にたまたま、検索エンジンで「黒田龍之助」と入力して表示された三修社さんのサイトを見て、好き勝手に書き散らしただけのことなので、三修社さんには頭が上がらない。まぁ一応同社が出版した黒田龍之助著の本である『ぼくたちの英語』は、たったの1部ではあるが、一応自分用に購入して楽しませて頂いたので、勝手に引用しても、ネット世界の流儀に反していないはずである(もし、「無断リンクを禁ずる」と書いてあったら、いきなり法的手段に訴える前に私にご連絡下さい。すぐに該当記事を削除します)。

ということで、日大三高と共に私のブログへのアクセスを増やすことに貢献して下さる黒田先生に感謝する意味で、先月出版された『ロシア語の余白』(現代書館刊)を購入した。一昨日に到着したばかりであり、仕事していないのに年始ということでバタバタしていたので、まだ本のほんの少ししか読んでいない。ここでは、近日中に同書の書評を書くという予告の意味でこの記事をアップしたことを報告している次第である。申し訳ないが、近日中というのが何日後なのかを明確にできないので、期待されている方は数日後にまた訪問して欲しい。できれば連休明けには何とかしたいと考えている。

2010年9月20日 (月)

どうしてもタイ語

私のPCでAmazonおまかせリンクを見ると、タイ語関連の書籍ばかりが出てくる。ここ2~3年はタイ語との縁を切ってきたつもりなのだけれど、ブログをいちばん頻繁に更新していた平成17年の記事が、タイ語の集中講義を受けてきたということとその始末が多めに書いてあるので、Amazon側では私のこの『座敷牢から風の祈り(ブログの旧名)』をタイ語ブログと認識したに違いない。実際当時は東南アジア言語・中国語のブロガーとも交流があったためにコメント・トラックバックまで丁寧にそういう傾向を持っている。

しかし、せっかく集中講義を受けてきたとはいえ、復習は講義を受けている時にもしなければならないということを忘れて、講義中は聞きっぱなし(これには私がノートテイキングが下手くそという事情も絡んでくる)だったために、9月に復習のようなことをしても結局身につかず、それ以来タイ語とは半ばおさらばのような形を取ってきた。

しかし、気持ちの上では今でもタイ語をある程度身につけたいというものがあり、今まではそれを封印してきたのだが、昨日日野の中央図書館でついにタイ語の教科書を借りてきてしまった。もちろん一カ月で一冊上げられるとは思っていないし、ほかの言葉の勉強もあるので、単に読み流す程度の意味で借りてきただけなのだ。あと、私が借りてきた本はamazon.co.jpでは非常に評判が悪く、どう評判が悪いのか、怖いもの見たさというのもあったような気がする。

最も私が見た限りでは、タイ語の文字の勉強編で、「コーカイ、コークワイ、コーコン~」の伝統的な文字の並びを使っておらず、並びを無視しても文字を覚えさせるやり方を採用しているのが、気に入らない人は気に入らないのではないか。現状では私の感想はその程度である。

2005年6月 9日 (木)

外国語をリスニングするのに必要な能力

 4日の記事で、『NHKラジオの英語講座をフル活用した簡単上達法』に書いてある方法で勉強しようかな、と考えたわけですが、本を読んで「楽勝!」と思うのと(いや、そこまでは思いませんでしたが)、実際に勉強してみるのとでは雲泥の差がありますね。
 何が原因かというと、私の頭のリテンション能力が思った以上に低いことです。リテンションとは、音なり声なりを聞いて、それを頭の中にとどめておくことを言います。大体私のリテンション能力は5~6単語くらいです。これだと『英会話入門』ならば何とかついていけるけど、『英会話中級』『英会話上級』『英会話レッツスピーク』は歯が立たないということになります。
 実際、それらの講座を聴いて、スキット(ダイアローグ)を1センテンスごとにリテンションをしようとしても、スキット(ダイアローグ)がまるで頭に残っていません。しかし、テキストを無駄にしたくはないので、7~8年前に『英会話』で勉強したときのように、テキストを見て50回音読する、という方法を採用しようかと検討中です。ただ今は、MDで録音・再生できるので、それをフルに活用して、音読の際に必ずスキット(ダイアローグ)を再生して、なるべく声をMDから聞こえてくる音に合わせるように努力する、という方法を採用して、まずはスピーキング能力を育成するのがいいかと悟りました。けれども、リテンション能力を養成しなければ、例えばTOEICを受けるときにリスニングが全くできない、ということになるので、何かリテンション能力を育てる方法を別途考える必要があります。
 蛇足ですが、今年のNHKラジオの英語講座は、去年まであった『基礎英語3』がなくなった関係で、『英会話入門』が中3~高1程度、『英会話中級』が高校生程度、『英会話上級』が社会人向けと、どうも色分けされているような感じがします。根拠はといえば、テキストの広告が主ですが、『英会話中級』は登場人物がハイスクールの生徒とその両親で、『英会話上級』は登場人物が社会人で話題も文化的なテーマを扱っているというところからそのように想像しました。『英会話入門』はレベルは中学上級からと考えられますが、番組内容としては「英会話の入門」という位置づけがされていて、別に大人が聞いてもおかしくない番組内容のような気がします。
 さらに蛇足を続けますと、去年の4月~9月までのラジオ中国語講座入門編では、入門レベルの中国語学習者が例文をリピートできる語数は6~7文字である、という考えに則って、なるべく短い文を読ませることにしていました。これは先のリテンション能力と関係があるのではないか、という気がします。

2005年5月24日 (火)

続・ポリグロットになる才能:アンチ・バベルの塔&『その他の外国語』について

 前回の「ポリグロットになる才能」は、こちらから迷惑顧みずいくつものブログにトラックバックを打ったので、ブログを始めて半月の私の記事としては好評のようでした。その二匹目のドジョウを狙うわけではありませんが、興味深いブログを見つけましたので、その紹介をするとともに、私が読んでいる語学エッセーでそのブログと関連性のあるものを案内してみます。
 ブログ「アンチ・バベルの塔」を執筆しているk.y.様の勉強法、というかボキャビル法ですが、薄めの辞書一冊をまるまる覚えてしまう、というやり方です。それで続く根気がなくなったときにどう考えるか、それを言語学者・黒田龍之助氏(ロシア語・スラブ語学)の著書『外国語の水曜日(現代書館刊)』に書いてあることを範にとって、

「『とにかくやめない』というのは至言だと思います」

と、引用を結び、さらにその背景にある心構えを、

『できると信じる』ことでしょう。『どうせダメだ... 』と思うだけでほんとうに『ダメ』になってしまうのは自己暗示にかかってしまうからで、こうした現象は脳神経科学でも実証されていることです」

と、読者である英語勉強者たちに蒙を啓いています。

 話は変わって、先の書を世に問うた黒田龍之助氏の最新刊『その他の外国語─役に立たない語学のはなし(現代書館刊)』という本で、黒田氏のすさまじい言語学習遍歴が開陳されました。そしてその英語に関しては(英語教師となった現在の話です)、何とこの「アンチ・バベルの塔」式勉強法と上手下手の差はあれ、同じ方法で自らを鍛錬しているということ(P185)が書かれています。そしてその勉強法を黒田氏は、「わたしはこれでもプロです。(中略)プロレスの選手に健康法を聞くようなものです。(後略)(P185)」といなしています。すごい!k.y.様はプロ級の勉強をしているのですか。でもそのおかげで黒田先生もk.y.様も英語のペーパーバックがすらすら読めるのですね。

 今度はその『その他の外国語─役に立たない語学のはなし』の話に移しましょう。黒田先生はエッセーのつもりでサブタイトルに「役に立たない」と付けられたのでしょう。確かにこの本を読んだからといって来月のTOEICの点数が上がるとか、そのような即効的な成果はもちろん期待できません。「究極の勉強法はどこに」という節でも、「勉強法を他人に聞いてはいけません(中略)自分のペースを掴むため、いろいろと試行錯誤してみたらどうでしょう」とつれない答え。しかし、一見一事が万事こんな調子のようでも、丹念に読み込んでみると、ここそこに言語習得法のティップスが隠されています。それを読み取れるかどうかは読者次第、読み取れたとしてもそれを外国語学習に生かせるかどうかはもっとあなた次第、そんなつれない女性のような一冊がこの本です。万年スランプの私こそ、この本をそれこそ赤線青線を引きながら読み返してみる必要があるのでしょうかね、それでやる気が起こるならば。

2005年5月22日 (日)

『英語を学べばバカになる』?!

 私はおととい、手提げ袋に入れるくらいの本を購入しました。その中に表題の本があります。私は立ち読みする本は時間をかけて立ち読みするのですが、そういう本はだいたい買わずにすませます。買う本は表題を見て、帯を見て、だいたいの内容を推察して買うものです。このような表題ですから、言語学者か脳神経外科あたりが警告を発する意味で執筆したのではないかと想像して、「趣味は外国語をかじること」の私にも問題があるのか、と思い、じっくり読んでみる意味で買ってみました。
 しかし、内容は完全に裏切られました。そもそも執筆者は社会学者で、本を読み進めるとわかりますが(失礼な表現ながら)フランスびいきの方です。論旨も言語学的な批判ではなく、社会学的な内容を主としています。というか、タイトルは看板倒れで、サブタイトルの『グローバル思考という妄想』が本タイトルならば正当に内容を著しているでしょう(と同時に売れ行きも下がるのか?!)。すなわちこの本の著者である薬師院仁志氏の主題は、英語に罪があるわけではなく、英語が英米を主としたアングロサクソン文化と密接に結びついている点に着目し、英語を身につけ、自らの存在を「発信」することはアメリカ文化に染まることである、と力説しています。
 そして、ただの社会学的妄想でないことを証明するために、しっかり数字を挙げてから政治的予測もたてて、いっぱしの予言者気取りの筆致で書かれています。フランス的視点からアメリカ合衆国の衰退を予言する一種の「英語帝国主義」論者であるといえます。本人はあとがきで親米主義でも反米主義でもないとエクスキューズしていますが、本文中に『帝国以後(エマニュエル・トッド著、藤原書店2003刊)』の一節「日本のような国にアメリカ型自由主義モデルに基づいた規制緩和を持ち込むことは、極右勢力の台頭を引き起こすに違いない」を引用して、小泉政権の規制緩和路線を批判しています。
 私自身についていえば、この本で高笑されているe-learningで欧米の先進学問を学びたいという希望を持っているので、「英語は必要ないか」と問われれば、「非常に必要である」と答えたい。しかも英語一言語の世界では悲しいので、今までかじった言語、たとえばドイツ語やフランス語、それにロシア語や中国語あたりで専門文献を読めるようにしたいという野望を心に秘めているのも確かです。そのe-learningに代表される教育の産業化にもやはりフランス的視点から批判を加えている。

フランスでは、教育といえば初期教育がほとんどすべてである。最近は多少変わってきたものの、基本的に、学校へ行くのは若いうちだけなのだ。だが、アメリカは違う。事実、アメリカの大学生の年齢構成は実に多様である。

 このアメリカ合衆国の「生涯教育」的発想にどのように批判を加えているかというと、

その背景の一つに、アメリカにおける転職率の高さがある。
 民間部門で働くアメリカ人は、人生の間で、平均六つの勤務先を渡り歩く。ヨーロッパ人から見れば、この数字は異様である。

 確かにアメリカ合衆国の常識では、必要なときに必要な資格を取得するというもの、すなわちここでは転職を挙げているのですが、現在の日本では、22歳(または23歳ですか)の時に入り損ねて、あるいは入る気がなくて、30代になって大学院で人生を考え直すケースがアメリカ型に劣らず多いのではないでしょうか。。私もそれを目指していたのですが、人生のさまざまなトラップにかかってしまい、座敷牢に閉じこめられる始末になってしまいました。ほかにもさまざまな年代の方々が、一種のカルチャーセンターとして大学院に通っているケースを聞きます。
 結論として、「英語」がどうこうという視点でこの本を買うと確実に裏切られます。しかしアメリカ文化、ヨーロッパ文化(といってもほとんどフランスだけだが)の対峙(たいじ)、それに対して日本はどう直面するか、という文明的視野から日米欧の三極を見つめたい方にはおすすめです。

Google検索



  • Google

    ブログ内を検索
    WWW全体を検索

アマゾン

  • Amazonおまかせリンク(R)

楽天ブックス

雑誌のFujisan.co.jp

  • NHKラジオ まいにちロシア語

    これからロシア語の世界を学びたい方へ。 今期はロシア語入門で、難しいと思われている文法をやさしく解説します。
  • NHKラジオ まいにちドイツ語

    楽しく、着実にドイツ語を身につけよう! 〈入門編〉では、聴き続けることで基礎を習得。〈応用編〉は、「使える便利な表現」「日本を紹介する」などで表現力アップを目指します。
  • NHKラジオ 実践ビジネス英語

    ビジネスで役立つ英語力、高い検定試験獲得を目指す方へのテキスト。 電話、Eメール・プレゼンテーション・会議など、ビジネスで役立つ英語力が身につきます。各種検定試験の対策にも最適です。前期は外資系ホテルでのサービス業、後期はジョイント・ベンチャーを取り上げ、実際のビジネスシーンを想定したスキットを展開。
  • NHKラジオ 入門ビジネス英語

    ビジネスマナーや英語的発想法も学べます!
    よく知っているやさしい単語を組み合わせて、状況に最適なフレーズを使いこなせることを目標にした、機能重視のアプローチ。ビジネスシーンで信頼度がアップする、ビジネスマナーや英語的発想法も学べます。現役ヘッドハンターがナビゲートする新感覚ビジネス英語講座。
  • NHKラジオ英会話

    学生から大人まで、やさしい英語でみんなが楽しめる
    5ワード前後の短いフレーズによるダイアログ(会話)、実践的な文法解説、ライブ・レポート(実況中継)や英語の歌など楽しめる要素も満載。オリジナルCMの聴き取りにも挑戦して、目指せ、ナチュラル・スピード!