2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Google Ads

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

平成23年の総括

実はこのブログ、5年半続けてきたのだが、実は「続けてきた」といっても休み休みでたまに書く、ということになってしまったので、一年間の総括を書くべき12月31日にココログでブログを書いているのは初めてのことなのである。それに12月31日が終わったらまったく別の世界に入るというのであれば、総括というのも意味があるのであろうが、明日は平成24年1月1日(日)が3時間たたないうちに来て、また次の一年が始まるというものである。

故にせいぜいが今年の反省点を並べる程度に終わってしまうことになるのがやむを得ないと覚悟して記事を書く程度のことになってしまう。

一月に、黒田龍之助氏の『ロシア語の余白』という本の書評を書く、と約束したのであるが、結局これは絵に描いた餅になってしまった。言語エッセイというものは意外に難しいものである。ロシア語は少しはかじったから何とかなる、と甘く見ていたことが原因のひとつであるが、他に、この月に私がTwitterのアカウントを取得して始めてしまったことで、ブログへの関心度が「下り最速」で落ちてしまったのである。

三月には、某災害のことを脳裏に刻みつつ、選抜高校野球(春の甲子園)が開催され、我が母校も出場したのであるが、実は自宅にいまだにテレビというものがないので、最初から甲子園の評論はあきらめていた部分がある。結局我が校は準決勝で散ることとなったが、強力打線の一端は見せていたので、非常に残念であった。

四月からは外国語大学で市民聴講生とオープンアカデミーを受講することになったが、いまだに受講内容が血肉となっているとは言いがたく、例によってTwitter症候群で、勉強の内容を記事にするということを思いつかなかった。セルビア語の講座は、この「世界都市」のひとつである首都圏でさえ見つけるのが難しく、外国語大学で一般に開放された講座として受講できることを知った時(実は三月上旬であったが)は狂喜乱舞したものである。しかし、例によって言語の授業の後に復習をしない症候群の発症で、果たして受講しただけの効果があったのだろうか、という疑問も脳裏をよぎっているのも事実である。

七月・八月は高校野球選手権(夏の甲子園)が開催され、優勝候補の筆頭として我が校が出場した。しかし私にはまだ時間感覚が直っていないと見え、予選の試合と、本大会の組み合わせ抽選会がいつ行われたのかまったく気がつかなかった。大会の中継自体は、春に毎日放送がネットで同時中継をしていたので、夏も朝日放送が同じことをするであろうと予想し、それは見事に的中した。それでありながら、甲子園の評論を書く、という行為がまったく脳裏に浮かばなかったのである。これもやはりTwitter症候群ではないかと愚考する。ちなみにTwitterの方では、「風水師」を名乗る小林先輩ことDr.コパさんと、何度かtweetの交換をしたのが個人的にはうれしかった(だが、小林先輩の「風水」というのは本来の風水とは違うので、その部分はいただけないと思っている)。

十月に入ると、市民聴講生とオープンアカデミーとが後期授業に進むことになり、言語科目を2言語と国際関係論の授業を(春と同じように)受講している。問題点は前期と同じで、本当に私は猿でもできる、反省さえできない生命体であることを痛感させられた。後はノートを取るのが非常に下手。それとこのころから大学という環境に慣れたのか、サボり癖がつき始め、今時点では語学科目はこれ以上欠席できない「リーチ」の状態に追い込まれている。

で、今月に入ると、寒さが本格化し、Twitterに少し飽きてきたのか、ブログの更新も始まるようになった。だが書き慣れていないことは同じで、40年以上生きているヒトが書く文章とは思えない下手さを皆様に披露しているわけである。PVはある程度確保されている割にまったくコメントがないことからもそれがうかがえる。まぁブログの世界で無視と炎上とではどちらが怖いか、ということもあるので仕方ないかな、とあきらめている部分もある。

月別の総括はこのような次第であるが、一年を通して見えた場合、それを職業にしていない限り、ブログ・Twitter・Facebookなどなどの新しいソーシャルメディアを同時に運営することがいかに難しいか、ということを実感させられたものである。私なぞは基本的に暇人であるので、起きている時間を全てそのような行為に時間を割ければ不可能ではないが、インプットの方がなければ、記事ネタはすぐに枯渇してしまう。今年の反省点のひとつは、インプットが足らなかったことではないか。

もし来年以降も人生が続けば、インプットとアウトプットのバランスを追求することが、ソーシャルメディアに生きるものとして(とはいっても、私自身は「アルファブロガー」にはほど遠いので、あまり気にすることもないという考え方もある)の必要条件ではないかと自省するものである。勉強や研究をしながらTwitterでtweetを続ける学者・研究者を見えると、ほとほと頭が上がらないものである。

2011年12月26日 (月)

市立中央図書館へ

私は市立図書館に3冊の本を予約している。『アラブ革命はなぜ起きたのか』と『幻想の平和』にしても11月中旬に予約して、12月16日正午時点でまだ何も音さたがない。とはいえ、この2冊は借りている人が返してくれれば、すぐにでも読める状態にある、といっても構わない。しかし何というか、11月時点からこの2冊は予約者リストに複数人が名を連ねているように思えた。それでどうして12月のクリスマスまで終わったこの時期に借りられないのかが、非常に不思議である。

前者の本は、露米の衰退を人口学の観点から予言しているエマニュエル・トッドの著作であり、後者は戦略学者の奥山真司氏が翻訳したということで、それなりに日本でも知名度があると思われる(特に奥山博士が訳した本は大抵が市場に出回る。岩波書店のように買い切りではないので、そこそこ知名度はあるであろうし、実際我が市の中央図書館には『幻想の平和』を含めて分厚い本が3冊入庫している)。

このあたりはまだ我慢できるが、我慢できないのは7月末に予約を入れた『Google英語勉強法 お金をかけずにネイティブから学べる』である。確か予約当時に8人並んでいたと思われるが、年末のこの時期に、ウェイティングサークルにはまだ5人の名を連ねている。この本だけ誰かに盗まれたのか、それとも図書館当局が本気で貸すつもりはないのか、と我が邪念は疑心暗鬼になっている。

こうなれば市立図書館の愚痴を吐きまくるだけである。というのは、平日午後7時まで開館、土日祝は5時まで開館で、祝日は原則開館、というのは、地方都市の図書館にはよくあるが、周囲の図書館は土日祝も午後7時まで開館しているところもあり、すごいところになると午後10時まで開館、床まである始末である。それに休館日も月一回連休させて、それ+α程度が閉館日というのも普通にある。なぜ東京にあって、なぜ企業城下町にあって、このようなざまなのだろうか。それから多摩地方の図書館と23区内の図書館の違いなのであろうが、前者はその都市に在住・在学・在勤者をメインに貸し出しているが、後者はどこに住んでいても(稚内に住んでいても、与那国島に住んでいても―というのは理論上の話だと思うが)図書館から本を借りることができるという違いがある。

我が町の図書館は、現代型の図書館の草分けとして、図書館関係者には評判が高い。ただ、「草分け」ということで、何となく昭和40年代の運営で続けているうちに、周りの都市の図書館がサービスを強化して、結果として現在においては我が町の図書館は運営面で周囲と比べて著しく劣るようになってしまった(いや、図書館員個人は皆さん優しい方々ですよ)。我がの市長が保守派で、図書館などというお金を生まないところにあまり大金を投じたくはないのだろうが、ひとつずつ直してもらいたいものである。

それから、我が町とは無縁の話であるが、道南に住んでいる某軍学者は、日本の図書館事情の貧困さを嘆き、その改善を期待しているみたいだが、そもそも日本みたいに一冊あたりの書籍代金がだいたい欧米より安いので、私のような特殊事情を抱えているもの以外にとっては、ある分野で趣味でも仕事でも知識を深めたいものは、図書館で借りたりなどせず、自分で必要な書籍を買い集めるのが常識である。

それから同じく軍学者にお知らせしたいのは、千葉県ならともかく、東京の各市の図書館員に、司書を採用してずっと彼/彼女に本を扱わせると信じ込んでいるみたいだが、都下の図書館では市役所の一セクションとして扱われており、単なるジョブローテーションに一部に図書館勤務が入る、という形式を取っている。詳しくは辻由美著『図書館であそぼう 知的発見のすすめ』(講談社現代新書 1999)を読了して欲しい。

2011年12月25日 (日)

一年半の東外大のニセ学生としての感想

一年半と題名では銘打ったが、昨年に関しては大学院生によるサマースクールを受講したのみで、そんなに頻繁に通った訳ではない。本気で(本当か?)勉強する気になったのは、東外大が一部の学部講座を開放して「市民聴講生」といった制度で外部の人間が大手を振ってシーズン中の講座を受けることができることになっているのと、オープンアカデミーと称して(これに似たものに「オープンカレッジ」というものがあるが、これは受験生を対象にした大学の広報?宣伝?のようなものである)、大卒以上の人を対象に各言語を教える(ただし英語・中国語・スペイン語は除く)仕組みに乗って、オープンアカデミーでは朝鮮語(といっても実質はソウルの韓国語であるが、東外大では歴史と伝統を重んじて「朝鮮語」と銘打っている)を、市民聴講生ではセルビア語と国際関係概論を、それぞれ受講している。

なお、一昨年のサマースクールではフランス語とロシア語を受講したが、教えてくれる講師の方がM1(大学院博士前期課程1年生=大学4年のひとつ上)ではないかと、つまり教え慣れていなかった可能性があり、それに自分の復習力のなさを加えると、聴講しただけで、何の血肉にもなっていないような気がするので、ここでは割愛する。

まず、今年のセルビア語であるが、長い間セルビア語を勉強したかったのだが、教えてくれる学校がなかったので、我慢していたところ、東外大のWebsightをのぞいてみたら開講されているので、これはいいと早々に受講するつもりであった。ところがやはり言語の勉強に不可欠な復習力のなさをここでも露呈してしまい、結局4月から12月まで(夏休みを挟みつつ)に初級のセルビア語を習ってもIt's Greek to me!の状態で冬休みを迎えてしまった。

ずっとセルビア語を習いたかった理由はサッカー絡みだと思ったが、今年についていえば、FC町田ゼルビア監督のランコ・ポポヴィッチ監督にヤジを飛ばしてやりたいという理由が結構真面目な理由だったような気がする。しかし、そのポポヴィッチ監督は来季、東外大そばの味の素スタジアムを本拠地とする東京瓦斯、もといFC東京に引き抜かれてしまい、ヤジの矛先がなくなってしまったような気がする。あ、でもFC東京は来季はJ1に復帰したから、瓦斯-エスパルス戦(@味スタ)あたりで、または別にうちの試合に限らず、瓦斯のホームゲーム(例えば「多摩川クラシコ」とか)ならば何でもいいのではないか、と思い直せば、セルビア語の勉強しがいがある、というものか(?!)。

オープンアカデミーで習っている朝鮮語/韓国語は、さすがに30年以上前から少しずつ習っているので、セルビア語のようにまごつくことはないが、やはり復習不足で思ったほど実力が伸びないという悩みを抱えている。その韓国語を、1~3年で「現地の大学に留学して意味が理解できること」のレベル(強いていえば韓国語検定の6級?!)まで引き上げたいというのだから現金なものである。

朝鮮語/韓国語の語学力をそこまで引き上げたい理由は、東京外大では毎年3年次編入を行っており、(果たして毎年かどうかは定かではないが)その言語グループが欧米第一過程(英語とドイツ語)と東アジア過程(主に朝鮮語/韓国語と中国語)で、その中の朝鮮語/韓国語で編入したいので、朝鮮語/韓国語の能力をそこまで引き上げたいというのが理由である。

さて、それで不十分に消化したセルビア語と朝鮮語/韓国語であるが、前者は今年度限りとなっており、朝鮮語/韓国語はオープンアカデミーの当局次第では中級クラスが開講されるのかもしれないが、双方とも来年度(4月から)は自習という形になる可能性が濃厚である。どちらの言語とも長い間理解できるようになりたいと思っていた言語なので、この期に習得したいものである。

さて、ここまでは無視してしまった国際関係概論であるが、情けないことに、平日の一限というのが苦しかった。しかも本来の東京外大の一限開始は午前9時なのに、今年は震災の関係で午前8時半開始ということもあって、本当に出席がつらかったものである。その上講義形式の授業の受け方を半ば忘れてしまい、前期の試験は(恐らく)悲惨な出来であった感じだった。ただ、この講座では、休講の補講と銘打って、各種シンポジウムの出席が勧められたので、いくつか拝聴した。前期は国際紛争関係のシンポジウムだったと思うが、この中で劣化ウラン弾の話が出たので、「ああまたか」と思いつつ、その話について疑問を呈したが、これでM准教授に顔を覚えられてしまっただろうか。後期はロシア人の方が講師役を務めたシンポジウムでは、その後の雑談にも顔を出させてもらった。その時はI先生のゼミの方々には迷惑をかけてしまった。

総じて外大の公認ニセ学生生活は楽しいが、こうやって年を重ねるごとに再就職が難しくなるのも確かであり、何とかそのバランスを保ちたいものである。本来ならばミク体労働、もとい肉体労働だろうと水商売だろうと仕事を探すのが私に課せられた唯一絶対のタスクなのだが、やはり女優の前田愛さんの先輩としては、何でもいいから仕事というのは後輩に迷惑をかけかねないので、出た大学に見合った進路を見つけないと、というのが今の私の課題である。

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

Google検索



  • Google

    ブログ内を検索
    WWW全体を検索

アマゾン

  • Amazonおまかせリンク(R)

楽天ブックス

雑誌のFujisan.co.jp

  • NHKラジオ まいにちロシア語

    これからロシア語の世界を学びたい方へ。 今期はロシア語入門で、難しいと思われている文法をやさしく解説します。
  • NHKラジオ まいにちドイツ語

    楽しく、着実にドイツ語を身につけよう! 〈入門編〉では、聴き続けることで基礎を習得。〈応用編〉は、「使える便利な表現」「日本を紹介する」などで表現力アップを目指します。
  • NHKラジオ 実践ビジネス英語

    ビジネスで役立つ英語力、高い検定試験獲得を目指す方へのテキスト。 電話、Eメール・プレゼンテーション・会議など、ビジネスで役立つ英語力が身につきます。各種検定試験の対策にも最適です。前期は外資系ホテルでのサービス業、後期はジョイント・ベンチャーを取り上げ、実際のビジネスシーンを想定したスキットを展開。
  • NHKラジオ 入門ビジネス英語

    ビジネスマナーや英語的発想法も学べます!
    よく知っているやさしい単語を組み合わせて、状況に最適なフレーズを使いこなせることを目標にした、機能重視のアプローチ。ビジネスシーンで信頼度がアップする、ビジネスマナーや英語的発想法も学べます。現役ヘッドハンターがナビゲートする新感覚ビジネス英語講座。
  • NHKラジオ英会話

    学生から大人まで、やさしい英語でみんなが楽しめる
    5ワード前後の短いフレーズによるダイアログ(会話)、実践的な文法解説、ライブ・レポート(実況中継)や英語の歌など楽しめる要素も満載。オリジナルCMの聴き取りにも挑戦して、目指せ、ナチュラル・スピード!