2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Google Ads

« 市立中央図書館へ | トップページ | 平成24年に向けて »

2011年12月31日 (土)

平成23年の総括

実はこのブログ、5年半続けてきたのだが、実は「続けてきた」といっても休み休みでたまに書く、ということになってしまったので、一年間の総括を書くべき12月31日にココログでブログを書いているのは初めてのことなのである。それに12月31日が終わったらまったく別の世界に入るというのであれば、総括というのも意味があるのであろうが、明日は平成24年1月1日(日)が3時間たたないうちに来て、また次の一年が始まるというものである。

故にせいぜいが今年の反省点を並べる程度に終わってしまうことになるのがやむを得ないと覚悟して記事を書く程度のことになってしまう。

一月に、黒田龍之助氏の『ロシア語の余白』という本の書評を書く、と約束したのであるが、結局これは絵に描いた餅になってしまった。言語エッセイというものは意外に難しいものである。ロシア語は少しはかじったから何とかなる、と甘く見ていたことが原因のひとつであるが、他に、この月に私がTwitterのアカウントを取得して始めてしまったことで、ブログへの関心度が「下り最速」で落ちてしまったのである。

三月には、某災害のことを脳裏に刻みつつ、選抜高校野球(春の甲子園)が開催され、我が母校も出場したのであるが、実は自宅にいまだにテレビというものがないので、最初から甲子園の評論はあきらめていた部分がある。結局我が校は準決勝で散ることとなったが、強力打線の一端は見せていたので、非常に残念であった。

四月からは外国語大学で市民聴講生とオープンアカデミーを受講することになったが、いまだに受講内容が血肉となっているとは言いがたく、例によってTwitter症候群で、勉強の内容を記事にするということを思いつかなかった。セルビア語の講座は、この「世界都市」のひとつである首都圏でさえ見つけるのが難しく、外国語大学で一般に開放された講座として受講できることを知った時(実は三月上旬であったが)は狂喜乱舞したものである。しかし、例によって言語の授業の後に復習をしない症候群の発症で、果たして受講しただけの効果があったのだろうか、という疑問も脳裏をよぎっているのも事実である。

七月・八月は高校野球選手権(夏の甲子園)が開催され、優勝候補の筆頭として我が校が出場した。しかし私にはまだ時間感覚が直っていないと見え、予選の試合と、本大会の組み合わせ抽選会がいつ行われたのかまったく気がつかなかった。大会の中継自体は、春に毎日放送がネットで同時中継をしていたので、夏も朝日放送が同じことをするであろうと予想し、それは見事に的中した。それでありながら、甲子園の評論を書く、という行為がまったく脳裏に浮かばなかったのである。これもやはりTwitter症候群ではないかと愚考する。ちなみにTwitterの方では、「風水師」を名乗る小林先輩ことDr.コパさんと、何度かtweetの交換をしたのが個人的にはうれしかった(だが、小林先輩の「風水」というのは本来の風水とは違うので、その部分はいただけないと思っている)。

十月に入ると、市民聴講生とオープンアカデミーとが後期授業に進むことになり、言語科目を2言語と国際関係論の授業を(春と同じように)受講している。問題点は前期と同じで、本当に私は猿でもできる、反省さえできない生命体であることを痛感させられた。後はノートを取るのが非常に下手。それとこのころから大学という環境に慣れたのか、サボり癖がつき始め、今時点では語学科目はこれ以上欠席できない「リーチ」の状態に追い込まれている。

で、今月に入ると、寒さが本格化し、Twitterに少し飽きてきたのか、ブログの更新も始まるようになった。だが書き慣れていないことは同じで、40年以上生きているヒトが書く文章とは思えない下手さを皆様に披露しているわけである。PVはある程度確保されている割にまったくコメントがないことからもそれがうかがえる。まぁブログの世界で無視と炎上とではどちらが怖いか、ということもあるので仕方ないかな、とあきらめている部分もある。

月別の総括はこのような次第であるが、一年を通して見えた場合、それを職業にしていない限り、ブログ・Twitter・Facebookなどなどの新しいソーシャルメディアを同時に運営することがいかに難しいか、ということを実感させられたものである。私なぞは基本的に暇人であるので、起きている時間を全てそのような行為に時間を割ければ不可能ではないが、インプットの方がなければ、記事ネタはすぐに枯渇してしまう。今年の反省点のひとつは、インプットが足らなかったことではないか。

もし来年以降も人生が続けば、インプットとアウトプットのバランスを追求することが、ソーシャルメディアに生きるものとして(とはいっても、私自身は「アルファブロガー」にはほど遠いので、あまり気にすることもないという考え方もある)の必要条件ではないかと自省するものである。勉強や研究をしながらTwitterでtweetを続ける学者・研究者を見えると、ほとほと頭が上がらないものである。

« 市立中央図書館へ | トップページ | 平成24年に向けて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103960/53619694

この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年の総括:

« 市立中央図書館へ | トップページ | 平成24年に向けて »

Google検索



  • Google

    ブログ内を検索
    WWW全体を検索

アマゾン

  • Amazonおまかせリンク(R)

楽天ブックス

雑誌のFujisan.co.jp

  • NHKラジオ まいにちロシア語

    これからロシア語の世界を学びたい方へ。 今期はロシア語入門で、難しいと思われている文法をやさしく解説します。
  • NHKラジオ まいにちドイツ語

    楽しく、着実にドイツ語を身につけよう! 〈入門編〉では、聴き続けることで基礎を習得。〈応用編〉は、「使える便利な表現」「日本を紹介する」などで表現力アップを目指します。
  • NHKラジオ 実践ビジネス英語

    ビジネスで役立つ英語力、高い検定試験獲得を目指す方へのテキスト。 電話、Eメール・プレゼンテーション・会議など、ビジネスで役立つ英語力が身につきます。各種検定試験の対策にも最適です。前期は外資系ホテルでのサービス業、後期はジョイント・ベンチャーを取り上げ、実際のビジネスシーンを想定したスキットを展開。
  • NHKラジオ 入門ビジネス英語

    ビジネスマナーや英語的発想法も学べます!
    よく知っているやさしい単語を組み合わせて、状況に最適なフレーズを使いこなせることを目標にした、機能重視のアプローチ。ビジネスシーンで信頼度がアップする、ビジネスマナーや英語的発想法も学べます。現役ヘッドハンターがナビゲートする新感覚ビジネス英語講座。
  • NHKラジオ英会話

    学生から大人まで、やさしい英語でみんなが楽しめる
    5ワード前後の短いフレーズによるダイアログ(会話)、実践的な文法解説、ライブ・レポート(実況中継)や英語の歌など楽しめる要素も満載。オリジナルCMの聴き取りにも挑戦して、目指せ、ナチュラル・スピード!