2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Google Ads

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

日大三高、選抜で快進撃

我が日大三高野球部の件に関してこのブログで書くのは、6年前の夏の甲子園以来である。とはいえ、去年11月23日付のこのブログの記事で、選抜出場確定と書いたので、このブログの愛読者(いるのか?)なら既に承知していると思われる。

本来ならば1回戦の対明徳義塾高戦、2回戦の対静清高戦についてリアルタイムで書きたかったのであるが、拙宅には現在テレビがないので(ただし、MBSテレビのストリーミング放送は受信できる―それを知ったのは火曜日の静清高戦の途中であったが―)、それができなかったのと、実はこの前の地震の影響でTwitterにはまってしまい、ブログの更新をすっかり忘れていたという事情(この「狗頭羊肉」ブログのみならず、ほかのブログも軒並み更新していない)で、それを怠っていたのである。

特に対明徳義塾高戦に関しては、6年前の夏の甲子園で本来対戦するはずであったのが、相手方の不祥事発覚で急きょ出場辞退となってしまったときからの因縁の対決であったので、今度こそはがっぷり四つに組んでの戦いを期待していたところである。最もそれは明徳義塾高の馬淵監督が甲子園の緒戦において無敗であったということを知らなかったが故の空元気であったのも否めないところであるが。

1回戦の対明徳義塾高戦は確か毎日新聞のウェブサイトで5回裏までのリアルタイム速報を見ており、当時のスコアが1-2で明徳義塾高リードだったので、「やはり緒戦不敗の馬渕監督の采配が強いから勝てないのかな」と悲観していたところで、その日はクリニックに行く日であったので自宅を離れた。昼食を済ませてクリニックの待ち合わせに入ると、いつもは日テレを映しているテレビがこの日はNHKを映していた。最もそれは甲子園よりは福島第1原発のニュースが見たいからであったような気がするが。時間的に既に試合を終えていたので、診察を待つ途中に試合結果が流れ、6-5という小差で日大三高の勝利を報じたときはパブリックスペースであるにもかかわらず手をたたいた後でガッツポーズをしてしまった。

次に当たる静清高は、現在の所在地こそ静岡県藤枝市にあるが、「静清」というのは本来「静岡市と清水市」という意味の略語で、例えば国道1号線静清バイパスにその名が残っており、学校創設時には実際に静岡市にあった。つい最近までは「静清工業高校」の名前で知られており、実は清水出身の私でさえこの高校の名前から「工業」が抜けていたのを知ったのは1月末の選抜出場決定のときであった。そういういきさつから、多少複雑な思いで静清高ー日大三高戦を見ることになった。

その2回戦の対静清高戦では5回裏か6回裏にMBSのサイトでストリーミング放送を流していることが判明し、そちらを眺めていた。そのときのスコアが2-1だったので、「どっちも頑張れ」というよりは何となく複雑な気持ちで見ていた。8回に追加点が入ったときはほっとしたのが現実であった。それで9回もランナーを出しながら0点に抑え、最終スコア3-1で日大三高が静清高を下して準々決勝進出を果たした。さすがに派手な喜びのポーズは出なかったが、ほっとしたのも事実である。まぁサッカーの高校選手権で東京都代表対静岡県代表の試合を見ていた場合、東京代表に帝京高校が出てくる可能性が高いからかもしれないが、そうでなくても100%静岡県代表を応援しているので(たとえ清水のライバル藤枝の高校であっても)、せめて野球はという感じではある。

今日の準々決勝戦、対加古川北高戦は第2試合、午後1時半プレイボールである。何か地元兵庫の高校ならいくつか有名な高校があるのに、私にとって初見の高校が出てくるのが不思議である。とはいえ加古川北高は21世紀枠での出場でもないし、ベスト8に残る高校ということは強豪であることは間違いないので、「勝って兜の緒を締めよ」の気持ちで当たってもらいたい。気になるのは、緒戦と第2回戦は後攻であったが、今日の試合は先攻である。こういう試合では大事なところで逆転されるようなミスを犯さないようにして欲しいものである。

2011年3月21日 (月)

新言語、学習開始予定(その1)

さすがは大学ラインこと京王線沿線である。東京外国語大学といえば、個人的には北区西ヶ原の古くさいキャンパスを思い浮かべたものであるが、いつの間にか調布と府中の境界線そばに移ってきて、現在は京王ユーザーになった私としては非常に通学が便利になったものである。最も今年は厄年という年齢からして、フルタイムの学生に復帰するわけではない。

京王沿線に移転した東京外国語大学では、市民聴講生制度として、一部学科講座の有料開放と夜間が主体のオープンアカデミーを実施している。このこと事態は去年の夏には知っていたのだが、日本の大学制度からして後期のみの科目というのが非常に少ないために、今春まで待っていた次第である。

その中で、私は「朝鮮語」と「セルビア語/クロアチア語」(他2講座)を申し込んだ。実は朝鮮語講座は先着順ということで、3月1日の申し込み開始とともに早速申し込んだが、大学で開講している「セルビア語/クロアチア語」(他2講座)は、人数限定でその人数を超えたときは抽選で決めるということなので、先週火曜日までほっておいたのだが、到着そのほかがあいまいな郵便ではなく、時間の制約(気付いたときには15日になっていた)で直接大学まで申し込みに行った。

昨夏のフランス語・ロシア語講座受講でどう行けば安上がりか承知していたので、京王線を府中で下車して、そこから片道JPY100で行ける、『ちゅうバス』というコミュニティーバスで30分近くバスに揺られて東京外国語大学に到着した。申込窓口が結構ややこしい場所だったので、他人のお世話になりながら何とか間に合った。

最もこれは申し込んだだけで、抽選で3講座とも落とされる可能性もあり、逆に3講座とも通る可能性もある、ということである。申込書類に不備が無い限りは。

10年くらい前からずっとセルビア語/クロアチア語の講座を探していたのだが、割と有名な多言語語学学校でもこの言語だけは講座を開いていないことが多かったので、受講料が安いことも含めて干天の慈雨となった(抽選で落ちない限り)。ただ他の言語講座は前期後期で1セットの講座となっているのに、この言語だけは前期(7月まで)で終わってしまうということである。これは担当教官が9月から対外研修に出かけるからしょうがない、ということなのだろうか。まぁこういうことならば、きっと前期の15回程度の授業である程度の運用能力が身につくように講座が設定されていると信じたい。

他の2講座は実は大学教養レベルならば、学生時代に既習の科目なのだが、再チャレンジということで申し込んだ科目である。仮に抽選で落ちるならこちらのどちらかの方がいい。とはいえ、2教科落ちると涙目ではある。

他に八王子学園都市大学『いちょう塾』と首都大学東京の『オープンユニバーシティー』もあったのだが、魅力的な講座が無かったので、今回は申し込んでいない。しかし、首都大学東京は既に八王子市南大沢にあるので、そちらでの開催をメインにして欲しかったが、わざわざ飯田橋にサテライトキャンパスを設けて、そこでの講義を主体とするやり方で、京王(中央)沿線に住んでいる身としては受講が難しかったので、講座受講を申し込んでいない。最も東京外国語大学のオープンアカデミーも半分くらいの科目が文京区のサテライトキャンパスで開講されるので、多少受講科目選びに慎重になったのは秘密である。

これらの講座を受講するに当たって、ブログの記事にするかTwitterで愚痴ネタにするか分からないが、受講記をサイバー空間で暴露する可能性は決して低くない。

今度こそは講座で開講されている言語をマスターしたいものである。

注釈 一般には「韓国語」と称されている言語だが、30年前くらいには何と呼ぶのかに難儀していた。もちろん東京外国語大学で韓国/朝鮮語を教えている歴史はそれより長いので、始めた当時に「朝鮮語」と称していたことを重んじて、あえて「韓国語」と名義変更するよりは、古くさい「朝鮮語」にこだわっている。ただ教える言語は南(=韓国)の言語である(もしかしたら講座の1回くらい使って北(=朝鮮)なまりを教えるのだろうか。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

Google検索



  • Google

    ブログ内を検索
    WWW全体を検索

アマゾン

  • Amazonおまかせリンク(R)

楽天ブックス

雑誌のFujisan.co.jp

  • NHKラジオ まいにちロシア語

    これからロシア語の世界を学びたい方へ。 今期はロシア語入門で、難しいと思われている文法をやさしく解説します。
  • NHKラジオ まいにちドイツ語

    楽しく、着実にドイツ語を身につけよう! 〈入門編〉では、聴き続けることで基礎を習得。〈応用編〉は、「使える便利な表現」「日本を紹介する」などで表現力アップを目指します。
  • NHKラジオ 実践ビジネス英語

    ビジネスで役立つ英語力、高い検定試験獲得を目指す方へのテキスト。 電話、Eメール・プレゼンテーション・会議など、ビジネスで役立つ英語力が身につきます。各種検定試験の対策にも最適です。前期は外資系ホテルでのサービス業、後期はジョイント・ベンチャーを取り上げ、実際のビジネスシーンを想定したスキットを展開。
  • NHKラジオ 入門ビジネス英語

    ビジネスマナーや英語的発想法も学べます!
    よく知っているやさしい単語を組み合わせて、状況に最適なフレーズを使いこなせることを目標にした、機能重視のアプローチ。ビジネスシーンで信頼度がアップする、ビジネスマナーや英語的発想法も学べます。現役ヘッドハンターがナビゲートする新感覚ビジネス英語講座。
  • NHKラジオ英会話

    学生から大人まで、やさしい英語でみんなが楽しめる
    5ワード前後の短いフレーズによるダイアログ(会話)、実践的な文法解説、ライブ・レポート(実況中継)や英語の歌など楽しめる要素も満載。オリジナルCMの聴き取りにも挑戦して、目指せ、ナチュラル・スピード!