2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Google Ads

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月13日 (木)

ゴトビ監督は元ペルシャ人&『マルチリンガルの外国語学習法』より

多言語話者(「ポリグロット」とか「マルチリンガル」と呼ぶ)を何となく目指している私は、実際に多言語話者の勉強に関する本を書店で見つけると買ってしまう傾向がある。その中で今回は『マルチリンガルの外国語学習法』(石井啓一郎著・扶桑社新書)の中に書かれていた内容を取り上げたい。この本は安易に多言語習得ができるという考え方に警鐘を鳴らしている。ロマンス諸語であるスペイン語・カタロニア語・フランス語・イタリア語がいかに違うかを綿々と唱えている個所さえある(第五章)。

著者が多言語話者になった経緯は、あくまで文学の習得がきっかけという。この著者の使える言語リストの中にはペルシャ語が含まれていることが重要である。ただペルシャ語に向かう筋には紆余(うよ)曲折があり、アフシン・ゴトビ清水監督を亡命させたイラン革命が著者のマルチリンガルとなったきっかけではあるが、日本の大学でイスラム学を教える大学は数が少ない上に偏差値が高いということで上智大学の出身となったわけであり、そこは当然ミッションスクールなので、キリスト教サイドから見たイスラム教なので、先に習得した言語はスペイン語やフランス語である。そこから東に進んで、最後にたどり着いたのがペルシャ語というわけだそうだ。そしてそれらを学んだのはほとんどが文学の研究目的であるが故ということである。この著者が味わわされたものが、下で詳述する「タァーロフ」である。

ペルシャ人の社交儀礼に「タァーロフ」という習慣がある(pp90-93)。まぁ、日本でいうお世辞に近いものであるが、あえて上記のようなペルシャ語でこの著者は紹介している。まぁイランに限らずどこの国でも少しその国の公用語が話せる人間にこそ「~語が上手ですね」というのは(多分)世界共通なものだと思うが、この「タァーロフ」は単なるお世辞以上の意味を持っているような気がする。

アジア杯終了後に来日する清水エスパルスのゴトビ新監督は果たしてそのような習慣を身につけているペルシャ系アメリカ人である。エスパルスにゴトビ監督が着任してからはどのような言動をするであろうか。ゴトビ監督が主(ホスト)で、選手が従(ゲスト)な訳であって、ホストたるペルシャ系の人間が実際に「タァーロフ」を発揮したらどうなるであろうか。

ある選手にある種の直すべきアクションがあるとして、それを指摘するというよりは、別の長所たるアクションを褒めるということになりはしないだろうか。昔のプロ野球で元阪急・日本ハムの上田監督が「え~で、え~で」と褒める選手が真っ先につぶされていくという現象があったが、我が清水エスパルスでその再現が起きる、というのは杞憂(きゆう)であろうか。もちろんそうであって欲しいし、ゴトビ監督は教育のほとんどを合衆国で受けている(大学はUCLA)ので、率直な欠点指摘と重要な修正の方法を伝授することができると思いたいが、現在イラン代表監督をしているゴトビ新監督は、やはりペルシャ人としての行動様式を身につけている可能性が高い。

まぁ最近の記事で、ゴトビ監督は策士かつ戦術家であることを証明したが、選手の育成については、今のところ不明である。UCLA在籍中からサッカー指導者/アナリストの道を歩んでいるゴトビ監督ならば合理主義を発揮してくれるだろうと信じたい(UCLAでは機械工学を学んだという)。

2011年1月12日 (水)

センター試験で東京外国語大学が試験場に指定されている受験生たちへ

私は最後の共通一次試験を受けて、西ヶ原時代の東京外国語大学を受験し、見事落ちた中年男性である。昨夏にロシア語とフランス語のセミナーがあったので、京王沿線に住む私は府中市に移転した東京外国語大学に通った。

最初は飛田給駅からバスあるいは徒歩を考えていたが、ふとしたきっかけで徒歩にしても京王線ならば武蔵野台駅が最も近い駅であることを見つけた。または武蔵野台駅から西武多摩川線白糸台駅まで歩いて、多磨駅まで一駅だけ乗っていけば、東京外国語大学はすぐであると確認もした。

ところが実際に武蔵野台駅を降りてみると、コミュニティーバスが発着していることを見つけた。そのバスは2系統あって、一つは京王線の南側を走っているので全く関係ないが、もう一つは東京外国語大学の目の前を通って(もちろん停留所もありますよ)、多磨駅まで走っている。そしてその運賃は、PASMOやSuicaは使えないものの、1乗車JPY100と大変安く設定されている。

ただ問題はそのバスは1時間に1本しか運転されていないということである。そこで下記のサイトを眺めてみたが、多分受験生も使えるバスダイヤとなっている。

http://www.city.fuchu.tokyo.jp/kurasu/machi/chubus/bus/files/zikoku20100329.pdf

実際に時間を文章化すると、武蔵野台駅8時台から毎時6分の発車、東京外国語大学前毎時15分着である。ただし、ほんの少し国道20号線(甲州街道)を走るので、渋滞に巻き込まれる危険もある。なお、帰路は午後6時台まで毎時37分発、武蔵野台駅着毎時50分である。

それからこのバスは府中駅始発・終点なので、時間はかかるがお金をかけたくない受験生はそちらから乗るという手もある(が、何せバスなので、定時発着については全く私は責任を負えません)。

もちろんセンター試験だけでなく、2次試験で東京外国語大学を受験する生徒たちも(2次試験は今は2月なのですかね?)同様に利用できるはずであるから、もしこのサイトを発見したら、試してみて欲しい。ただしコミュニティーバスということで、小型バスを使っており、30人も乗れるかどうか定かではないので、そこにも注意を払う必要がある(もちろん満員で乗れないからといっても、私は責任を負うことはできません)。

あとは、受験生たちは試験に向けてもう頑張ったので、今更「頑張れ」ではなく、"Take it easy!"の気持ちで試験を受けて欲しいものである。

2011年1月 8日 (土)

黒田龍之助先生の新著を読み始めました

まだおとそ気分が抜けていない時期であるが、社会人ならばもう仕事は始まっているので、そうゆっくりしているわけにもいくまい。

ところで、この「狗頭羊肉」ブログであるが、アクセスの際に使われる検索ワードを調べると、「日大三高」と「黒田龍之助」(もしくはそれに近い単語)が2トップを形成している。

日大三高は今春の甲子園出場が内定している(が、大会寸前に不祥事を起こして、日大三高の対戦相手となりそこねた明徳義塾高のような例もあるので、用心、用心)ので、その関係だと思う。実際に去年11月23日付のブログでそのことに言及してあるので、そこに吸い寄せられるのであろう。

しかし、黒田龍之助先生の件については、確かに去年の9月2日のブログで取り上げたが、あれは本当にたまたま、検索エンジンで「黒田龍之助」と入力して表示された三修社さんのサイトを見て、好き勝手に書き散らしただけのことなので、三修社さんには頭が上がらない。まぁ一応同社が出版した黒田龍之助著の本である『ぼくたちの英語』は、たったの1部ではあるが、一応自分用に購入して楽しませて頂いたので、勝手に引用しても、ネット世界の流儀に反していないはずである(もし、「無断リンクを禁ずる」と書いてあったら、いきなり法的手段に訴える前に私にご連絡下さい。すぐに該当記事を削除します)。

ということで、日大三高と共に私のブログへのアクセスを増やすことに貢献して下さる黒田先生に感謝する意味で、先月出版された『ロシア語の余白』(現代書館刊)を購入した。一昨日に到着したばかりであり、仕事していないのに年始ということでバタバタしていたので、まだ本のほんの少ししか読んでいない。ここでは、近日中に同書の書評を書くという予告の意味でこの記事をアップしたことを報告している次第である。申し訳ないが、近日中というのが何日後なのかを明確にできないので、期待されている方は数日後にまた訪問して欲しい。できれば連休明けには何とかしたいと考えている。

2011年1月 2日 (日)

2011年の展望

皆様、新年明けましておめでとうございます。
Ich wünsche Ihnen ein glückliches neues Jahr!
새해복 많이 받으세요. 
A happy new year!
Bonne année!
新年快乐!

「明けまして……」といいつつもう2日になってしまったが、昨日は記事をアップしていないので、このブログとしては新年初記事となる。

さて、去年は個人的には激動の1年を送ったわけであるので、できれば今年は平穏な1年を過ごしたい。といっても部屋の中にいても、外出すれば必ずということでも、別に何か事件に巻き込まれるというわけではない。とにかく人をいつまでも幼子扱いする連中から脱出することに成功したわけであるから、次は仕事を探さねばならないわけである。

その求職活動に関しては今時両手で抱えるほどのスキルやキャリアを持っていても就職に困る世の中である。30代という10年間を失った私としては新しいスキルを自らの手で作らなければならないわけであり、その困難さは一応承知しているつもりである。

現時点では言語に関するスキルを伸ばそうとしているわけであるのだが、私の飽きっぽい性格故に勉強しても身につくところまではたどり着かない。せっかくTIME for Kidsを年間予約で購読しても、1号たりとも最後まで読み切っていない。読み切るには何か強制力が必要なのだろうか。

このことはほかの言語を学ぶことにも当てはまり、中国語・韓国語・ロシア語・ドイツ語・フランス語、そして英語を勉強しようとしても決して長続きしない。どの言語も一応最低限の学習工具は保有しているわけだが、そこにやる気がついてこない。私は日本国内から一歩も出たことがないので、何らかの言語を身につけなければ生きていくことができない、ということは一切ないので、その分真剣味に欠けているのは確かであろう。何か一言語に限定すればまだうまくいく可能性は高まるのだろうが、私の飽きっぽさからするとそれは非常に難しい。

ではどうしたらよいかといっても答えがあるわけではない。とりあえず去年までのように興味が続いている間に少しずつ勉強して、飽きたら別の言語に切り替えるという方式をとるしかないのであろうか。しかしそのようなカタツムリ式の勉強法では、英語などで書かれた原書を読めるような英語力を身につけるのに何十年もかかってしまい、私の余命からいうとジ・エンドである。とりあえず言語の学習はできる範囲で続けるしかない、としかいいようがない。

変わって大学の聴講生になりたい話であるが、この近辺だと東京外語大八王子市(八王子学園都市大学:通称いちょう塾)がそういう制度を実施している。ただ、昨秋は(お金の問題もあるが)あまりにも早く申込期間が過ぎてしまい、気付いた時にはどちらも締め切りを迎えていた。今度は春学期なので、新しい講座が始まるであろうから、申込開始日と締め切りと受講料に気をつけて、何らかの科目を履修したいものである。言語系の科目も履修できるのであるが、今回は国際関係論のような一般講座を受講したいと考えている。言語講座の受講は、東京外語大の「オープンアカデミー」で開催される講座のうち、府中で開講される講座(中には東京・本郷で開催される科目もあり、そんなところまで行けるか!というところである)の中から選んで受講したいものである。ただしこれだけ受講を考えていると、お金が持つのだろうか、という心配がある。そのあたりは先着順で受講する講座を決めるしかないであろう。

それで仕事の話であるが、復帰したいのはやまやまだが、現状ではドクターストップがかかっており、そのドクターストップが解除されるのはいつか、また解除されたとして40男に仕事があるのか、不安な点は多い。とりあえず復帰する時の仕事はこういうことがしたい、ということは考えているが、そこは年々市場が縮小している商売であり、また自分の能力を証明できる資格がないので、いくつも回って一つ採用されれば運がいいと考えるべきなのかと思う。

まぁリーマン・ショック後の日本で将来に不安を感じていない大人の日本人はいないだろうが、自力で前に進まねば狗頭の町での生活も続かなくなるので、とにかく療養を急ぐことが大事である。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

Google検索



  • Google

    ブログ内を検索
    WWW全体を検索

アマゾン

  • Amazonおまかせリンク(R)

楽天ブックス

雑誌のFujisan.co.jp

  • NHKラジオ まいにちロシア語

    これからロシア語の世界を学びたい方へ。 今期はロシア語入門で、難しいと思われている文法をやさしく解説します。
  • NHKラジオ まいにちドイツ語

    楽しく、着実にドイツ語を身につけよう! 〈入門編〉では、聴き続けることで基礎を習得。〈応用編〉は、「使える便利な表現」「日本を紹介する」などで表現力アップを目指します。
  • NHKラジオ 実践ビジネス英語

    ビジネスで役立つ英語力、高い検定試験獲得を目指す方へのテキスト。 電話、Eメール・プレゼンテーション・会議など、ビジネスで役立つ英語力が身につきます。各種検定試験の対策にも最適です。前期は外資系ホテルでのサービス業、後期はジョイント・ベンチャーを取り上げ、実際のビジネスシーンを想定したスキットを展開。
  • NHKラジオ 入門ビジネス英語

    ビジネスマナーや英語的発想法も学べます!
    よく知っているやさしい単語を組み合わせて、状況に最適なフレーズを使いこなせることを目標にした、機能重視のアプローチ。ビジネスシーンで信頼度がアップする、ビジネスマナーや英語的発想法も学べます。現役ヘッドハンターがナビゲートする新感覚ビジネス英語講座。
  • NHKラジオ英会話

    学生から大人まで、やさしい英語でみんなが楽しめる
    5ワード前後の短いフレーズによるダイアログ(会話)、実践的な文法解説、ライブ・レポート(実況中継)や英語の歌など楽しめる要素も満載。オリジナルCMの聴き取りにも挑戦して、目指せ、ナチュラル・スピード!