2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Google Ads

« 物欲なくして、好景気なし | トップページ | 日本における外国語教育(特に英語について) »

2010年9月20日 (月)

どうしてもタイ語

私のPCでAmazonおまかせリンクを見ると、タイ語関連の書籍ばかりが出てくる。ここ2~3年はタイ語との縁を切ってきたつもりなのだけれど、ブログをいちばん頻繁に更新していた平成17年の記事が、タイ語の集中講義を受けてきたということとその始末が多めに書いてあるので、Amazon側では私のこの『座敷牢から風の祈り(ブログの旧名)』をタイ語ブログと認識したに違いない。実際当時は東南アジア言語・中国語のブロガーとも交流があったためにコメント・トラックバックまで丁寧にそういう傾向を持っている。

しかし、せっかく集中講義を受けてきたとはいえ、復習は講義を受けている時にもしなければならないということを忘れて、講義中は聞きっぱなし(これには私がノートテイキングが下手くそという事情も絡んでくる)だったために、9月に復習のようなことをしても結局身につかず、それ以来タイ語とは半ばおさらばのような形を取ってきた。

しかし、気持ちの上では今でもタイ語をある程度身につけたいというものがあり、今まではそれを封印してきたのだが、昨日日野の中央図書館でついにタイ語の教科書を借りてきてしまった。もちろん一カ月で一冊上げられるとは思っていないし、ほかの言葉の勉強もあるので、単に読み流す程度の意味で借りてきただけなのだ。あと、私が借りてきた本はamazon.co.jpでは非常に評判が悪く、どう評判が悪いのか、怖いもの見たさというのもあったような気がする。

最も私が見た限りでは、タイ語の文字の勉強編で、「コーカイ、コークワイ、コーコン~」の伝統的な文字の並びを使っておらず、並びを無視しても文字を覚えさせるやり方を採用しているのが、気に入らない人は気に入らないのではないか。現状では私の感想はその程度である。

« 物欲なくして、好景気なし | トップページ | 日本における外国語教育(特に英語について) »

タイ語」カテゴリの記事

勉強」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103960/49506097

この記事へのトラックバック一覧です: どうしてもタイ語:

« 物欲なくして、好景気なし | トップページ | 日本における外国語教育(特に英語について) »

Google検索



  • Google

    ブログ内を検索
    WWW全体を検索

アマゾン

  • Amazonおまかせリンク(R)

楽天ブックス

雑誌のFujisan.co.jp

  • NHKラジオ まいにちロシア語

    これからロシア語の世界を学びたい方へ。 今期はロシア語入門で、難しいと思われている文法をやさしく解説します。
  • NHKラジオ まいにちドイツ語

    楽しく、着実にドイツ語を身につけよう! 〈入門編〉では、聴き続けることで基礎を習得。〈応用編〉は、「使える便利な表現」「日本を紹介する」などで表現力アップを目指します。
  • NHKラジオ 実践ビジネス英語

    ビジネスで役立つ英語力、高い検定試験獲得を目指す方へのテキスト。 電話、Eメール・プレゼンテーション・会議など、ビジネスで役立つ英語力が身につきます。各種検定試験の対策にも最適です。前期は外資系ホテルでのサービス業、後期はジョイント・ベンチャーを取り上げ、実際のビジネスシーンを想定したスキットを展開。
  • NHKラジオ 入門ビジネス英語

    ビジネスマナーや英語的発想法も学べます!
    よく知っているやさしい単語を組み合わせて、状況に最適なフレーズを使いこなせることを目標にした、機能重視のアプローチ。ビジネスシーンで信頼度がアップする、ビジネスマナーや英語的発想法も学べます。現役ヘッドハンターがナビゲートする新感覚ビジネス英語講座。
  • NHKラジオ英会話

    学生から大人まで、やさしい英語でみんなが楽しめる
    5ワード前後の短いフレーズによるダイアログ(会話)、実践的な文法解説、ライブ・レポート(実況中継)や英語の歌など楽しめる要素も満載。オリジナルCMの聴き取りにも挑戦して、目指せ、ナチュラル・スピード!