2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Google Ads

« 自宅最寄り駅から東京外国語大学まで | トップページ | 英語を勉強するわけ »

2010年9月 2日 (木)

黒田龍之助先生はなぜ大学助教授を辞任したのか

久しぶりにGoogleで「黒田龍之助」を検索していたら、氏の最新刊である『ぼくたちの英語』出版記念講演があって、その議事録が出版社である三修社さんのウェブサイトに掲載されていた。

http://www.sanshusha.co.jp/kuroda/index.html

読んだところ、私が想像していた理由(の一つ)に結構近かった。黒田龍之助氏は軽妙洒脱な文章で結構難しい内容を平易に書くことを得意としており、氏の一般書としての処女出版と二冊目は本人の考えではエッセーなんかではなく、スラブ語学・言語学の入門書として書いたものだというが、周囲には、あの本はどう見てもエッセーだとしか認めてもらえなかったそうである。またどの本だか忘れたが、いかにも学者の論文的な難しそうに見える文章を書くのが苦手であることを告白しており、事実大学院の博士課程を修了しながら、博士論文は提出していないそうである。

常任講師としての最初の職場ではロシア語の教師として働き、その後引き抜かれた大学では助教授として教えていた。ここまでの過程にはどうも博士号の有無は関係なさそうである(日本の大学院は博士号を出し渋る傾向があり、海外からの留学生に避けられている理由の一つでもある)。ただ二番目の常任校で助教授から教授に昇格するために、(私の想像であるが)博士号を要求され、その論文の執筆に苦労して(あるいはその要求を蹴って)、いつまでも助教授で大学に残るのも難だからというわけで(いや、それは大した理由ではないかもしれない)、大学を辞職したのではないか。

私が思うに黒田先生は、学者ではなく教師なのではないか。大学の語学講座は多くが英語教育の専門家でない人が教えている。つまり目の前の~語の先生の専門は中世~文学における誰某の役割とかいう可能性が結構高い。ちなみに私がいたころの国際政経のロシア語講師は、ロシアウォッチャーとして名高い袴田茂樹(当時助教授)が担当していたと思う。もちろん国際政経の専任講師なのでロシア語そのものではなく、ロシアの社会・文化・政治の方を専門としている。

そんな意味で、黒田先生は大学教師向きではなかったのではないか。(本人曰くだが)別にけんか別れで大学を辞めたわけではないので、周りは楽しそうにやっているように見えても本人は心の底で悩みを感じていた、とそんな気がする。

今大学の語学教育、特にリンガ・フランカである英語の教育は実用性が非常に求められている。それなのに大学の英語教師は旧態依然の別の専門を持っている教官のアルバイトとして考えられているのが問題ではないか。大学側としては、実用英語を学生に習得させたいなら、語学に関しては学者ではなく教師を採用するようにシステムを再構築してみてはいかがか。場合によっては教員免許を持った高校教師あたりを引き抜いてみるとか。または教育学部ないし文学部に「高等教育における英語(できれば英語以外も作れれば好ましい)教育専門課程」を作って、学者養成機関である大学院と別個の教育を施すという手を考えてみてはいかがか。

« 自宅最寄り駅から東京外国語大学まで | トップページ | 英語を勉強するわけ »

ロシア語」カテゴリの記事

勉強」カテゴリの記事

愚痴」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

語学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103960/49325246

この記事へのトラックバック一覧です: 黒田龍之助先生はなぜ大学助教授を辞任したのか:

» 黒田龍之助先生の新著を読み始めました [狗頭羊肉]
まだおとそ気分が抜けていない時期であるが、社会人ならばもう仕事は始まっているので、そうゆっくりしているわけにもいくまい。 ところで、この「狗頭羊肉」ブログであるが、アクセスの際に使われる検索ワードを調... [続きを読む]

« 自宅最寄り駅から東京外国語大学まで | トップページ | 英語を勉強するわけ »

Google検索



  • Google

    ブログ内を検索
    WWW全体を検索

アマゾン

  • Amazonおまかせリンク(R)

楽天ブックス

雑誌のFujisan.co.jp

  • NHKラジオ まいにちロシア語

    これからロシア語の世界を学びたい方へ。 今期はロシア語入門で、難しいと思われている文法をやさしく解説します。
  • NHKラジオ まいにちドイツ語

    楽しく、着実にドイツ語を身につけよう! 〈入門編〉では、聴き続けることで基礎を習得。〈応用編〉は、「使える便利な表現」「日本を紹介する」などで表現力アップを目指します。
  • NHKラジオ 実践ビジネス英語

    ビジネスで役立つ英語力、高い検定試験獲得を目指す方へのテキスト。 電話、Eメール・プレゼンテーション・会議など、ビジネスで役立つ英語力が身につきます。各種検定試験の対策にも最適です。前期は外資系ホテルでのサービス業、後期はジョイント・ベンチャーを取り上げ、実際のビジネスシーンを想定したスキットを展開。
  • NHKラジオ 入門ビジネス英語

    ビジネスマナーや英語的発想法も学べます!
    よく知っているやさしい単語を組み合わせて、状況に最適なフレーズを使いこなせることを目標にした、機能重視のアプローチ。ビジネスシーンで信頼度がアップする、ビジネスマナーや英語的発想法も学べます。現役ヘッドハンターがナビゲートする新感覚ビジネス英語講座。
  • NHKラジオ英会話

    学生から大人まで、やさしい英語でみんなが楽しめる
    5ワード前後の短いフレーズによるダイアログ(会話)、実践的な文法解説、ライブ・レポート(実況中継)や英語の歌など楽しめる要素も満載。オリジナルCMの聴き取りにも挑戦して、目指せ、ナチュラル・スピード!