2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Google Ads

« (約)3ヶ月ぶりに清水に行ってきた話 | トップページ | 本田宗一郎の遺訓 »

2009年7月 9日 (木)

Чудные события

実に1年ぶりの更新なのですが、私は実に不思議な気持ちでいます。

アクセス解析を眺めていますと、直近40日までなのですが、2・3日を除いて必ず複数の閲覧者がこのブログにいるのです。一体1年前から更新を停止しているブログを覗いて、一体どのような情報を得ようとしていらっしゃるのでしょうか。さらに不気味なのが、その片手に満たない人数(時には両手に余ることもありますが)の閲覧者たちは全くコメントやトラックバックをしてくれないという、まぁお互いさまといえばその通りなのでしょうが、閲覧者たちもブログ記事子と同様のやる気のなさを見せていることです。

でも、ほぼ1年間新しいエントリーを加えることを拒んだ私は、自分の怠惰を恥じると共に全くコメント返しをしてくれないとはいえ毎日毎日代わり映えのしないブログに閲覧しに来てくれる1~5名のすばらしき固定読者には感謝しなければいけませんね。

ところで彼ら(彼女、だったら嬉しいし、その方が40歳以下の独身の方であれば是非名乗り出て欲しいのですが)は清水の関係者ご一行様でしょうか、東生駒の関係者ご一行様でしょうか、私の拙いブログを閲覧するという縁を持ってしまった方で私が想像できるのはこのどちらかしかありませんので、まずはこの御二方にメッセージを送りたいです。

まずは清水の関係者ですが、静岡市に吸収合併されて、清水「区」などという面妖な存在になってしまった上にかつての繁華街ではクレーンの土音が鳴り止む日はなく、私が知っている、昭和の面影が残っている清水の町というのがなくなってしまったのはとても残念です。そしてそれを行っている土建屋たちにいいたいのですが、既に日本の人口はピークを過ぎ、人口減少段階に入っているというのに、狂ったようにマンションを建てて一体誰が買うというのでしょうか。誰も入居しないマンションなんてTVドラマか映画のロケーションにしか役に立ちませんよ。いや、建築コストを度外視して3LDK80㎡の部屋を一千万円未満で販売してくれて、銀行も住宅ローンを貸すときに正社員であることを必要条件としないなどの制度・価格破壊が行われるならばそれでも部屋を埋められるかも知れませんが。

しかし私の知っている「清水の関係者」はバブル前後に入社してきた方々なので、皆さんお金の運用を間違っていなければ(しかし競馬や競輪が流行っていたからどうかなぁ)中堅社員となっている今頃は間違いなく一軒家を区内(もちろん由比とか蒲原とか興津の奥の方とかでなく)に構えているか、その女房になっていることでしょう。そういう意味では正社員は一つの会社に長く勤め上げれば間違いなく「勝ち組」なのです(もちろん過労死事故かそれに類する事故が一件や二件はあったであろうことは想像に難くないですが)。皆さんはその幸せを噛み締めて子女の教育を怠りなく勤めて、勝ち組の再生産をして下さい。

次は東生駒の関係者(といっても彼ら彼女らは既に東生駒に通うことはなくなってしまったに間違いないから、関係者というのはどうかと……)に話すことがあるとすれば(どうしても年上意識が強いから上から目線で語り口調になってしまうことを許して下さい)、私の戯れ言などに惑わされずにどんなに無名な中小企業ででも正社員として入社できたならば、既に現在やめてしまったとか言う場合でない限り、その会社は辞めないで欲しい。社会での転職・再就職は「職歴」が物を言います。それを考えないで気ままに転職しようとすると私みたいに「失われた30代」になってしまいます。また勉強して資格を身につけて新たな世界に進みたいという方もいるかも知れませんが、実は資格の世界は資格を取ってから仕事を見つけるまでが地獄の日々なので、資格を取ったから即左うちわということは決してありません。ここでは転職を前提に話していますが、就職氷河期に正社員として就職を勝ち取った皆さんには(その会社が本当に倒産してしまわない限り)石にしがみついてでも会社に残ってやる、というくらいの気概を持って仕事に励んで欲しいものです。その方が生涯収入も相対的に多いことが統計上判明しているわけですし。

今日はこの辺にしたいと思います。ところで今日のタイトルであります”Чудные события”はロシア語で「不思議な出来事」という意味です。タイトルの意味は文頭を読んで考えて下さい。

« (約)3ヶ月ぶりに清水に行ってきた話 | トップページ | 本田宗一郎の遺訓 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103960/45582620

この記事へのトラックバック一覧です: Чудные события:

« (約)3ヶ月ぶりに清水に行ってきた話 | トップページ | 本田宗一郎の遺訓 »

Google検索



  • Google

    ブログ内を検索
    WWW全体を検索

アマゾン

  • Amazonおまかせリンク(R)

楽天ブックス

雑誌のFujisan.co.jp

  • NHKラジオ まいにちロシア語

    これからロシア語の世界を学びたい方へ。 今期はロシア語入門で、難しいと思われている文法をやさしく解説します。
  • NHKラジオ まいにちドイツ語

    楽しく、着実にドイツ語を身につけよう! 〈入門編〉では、聴き続けることで基礎を習得。〈応用編〉は、「使える便利な表現」「日本を紹介する」などで表現力アップを目指します。
  • NHKラジオ 実践ビジネス英語

    ビジネスで役立つ英語力、高い検定試験獲得を目指す方へのテキスト。 電話、Eメール・プレゼンテーション・会議など、ビジネスで役立つ英語力が身につきます。各種検定試験の対策にも最適です。前期は外資系ホテルでのサービス業、後期はジョイント・ベンチャーを取り上げ、実際のビジネスシーンを想定したスキットを展開。
  • NHKラジオ 入門ビジネス英語

    ビジネスマナーや英語的発想法も学べます!
    よく知っているやさしい単語を組み合わせて、状況に最適なフレーズを使いこなせることを目標にした、機能重視のアプローチ。ビジネスシーンで信頼度がアップする、ビジネスマナーや英語的発想法も学べます。現役ヘッドハンターがナビゲートする新感覚ビジネス英語講座。
  • NHKラジオ英会話

    学生から大人まで、やさしい英語でみんなが楽しめる
    5ワード前後の短いフレーズによるダイアログ(会話)、実践的な文法解説、ライブ・レポート(実況中継)や英語の歌など楽しめる要素も満載。オリジナルCMの聴き取りにも挑戦して、目指せ、ナチュラル・スピード!