2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Google Ads

« タイ語集中講座の復習に疲れて | トップページ | この1ヶ月を振り返って »

2005年9月13日 (火)

タイ語の復習・続報

 え~先々週の月曜日から続けているタイ語集中講座の復習ですが、やる気が不安定な中で何とかテキスト20課分のまとめは終わりました。すでに講座が終わってしまったので、分からないことや聞き逃したことなどはそのままにしてまとめたのですが、一応自分ではノートの体をなしているつもりでいます。問題はそのノートに書いてあることを頭の中にたたき込むことです。できることといえば、ノートを絶えず見直してみる、ノートの内容をほかの紙に写してみるといったことくらいですので、まぁそうしてみるしかないでしょう。今は主に0~99までの数を覚えるべく、書いて覚えてみました。試してはいないのですが、何とか覚えたみたいです。今やっていることは各課の会話文と文法説明に出てきた例文を書いて覚えることです。それが終わったら講座が始まるときにもらった練習問題を解いてみるつもりです。それでどれだけ『CDエクスプレスタイ語』の中身を頭にたたき込んだかを試すことになるでしょう。
 これでタイ語を続ける道筋ができたわけですから、今までのようにタイ語の勉強に1日を費やすのではなく、他言語の勉強とのバランスを取りながらタイ語にも時間を割いていくという方法をとる必要があります。しかし、書いて覚えるという方法は思いのほか時間が掛かり、これが終わるまではほかの言語に浮気する余裕はなさそうです。まぁ、NHKラジオのスペイン語講座と中国語講座を聴くくらいはできますが、結構上の空で、聞いたことが右の耳から左の耳を通って抜けていっているようで、頭の中には何も残っていません。こっちも復習しなければいけないのかなぁ。
 集中講座をマスターすると、次は中級1というコースに入ることができるのですが、開催日時と私の資金の関係ですぐに受講、というわけにはいかなさそうです。どうも来年にずれ込むのではないか、と心配しています。それまでの間に我が座敷牢にあるタイ語の教材で自主的に勉強しておいて、せっかく身につけたタイ語の能力を維持・発展させるのが筋なのですが、「自主的に」というのが苦手な私にとってこれは難関です。それに今後はタイ語より英語とドイツ語に力を入れたいと計画しているのですから、さらに話は複雑になります。自分の「やる気と根気の種(小学校時代の校長の口癖)」を試されることになりそうです。

 話は変わりますが、タイ語を一応勉強したからには力試しをしてみたいと思うのですが、今日本にはタイ語の能力を試す検定試験が2種類あります。一方がアジア文化協会が主催する試験、もう一つが大阪・梅田と東京・新宿にあるタイ語学校が事実上主催する試験です。前者は割と歴史があるみたいで、年2回開催でもう何十回と試験が行われているようです。後者はそれに対して新参者ではあるのですが、出版社を持っている強みから試験問題集を本屋に卸して売っている商売上手ぶり。私は前者の主催する講座を受けたので、そちらを受けるのが順当なのでしょう。しかし後者も気にはなります。とはいえ双方の試験日が同月同日なので、受験するとなったらどちらかを選択しなければいけません。まぁとりあえずは前者の5級を受けてみて、集中講座と復習の成果を試してみようかと目論んでいるところです。このタイ語検定試験については、こちらのトラックバック先のブログを参考に見て下さい。

 まぁ語学のことですから、やる気と根気の種を枯らさずに勉強を続けることがとにかく第一課題なのですかね。今はやる気の火だけはともし続けているので、その日に薪をくべることを忘れないようにすれば、それが根気につながるのでしょうか。

« タイ語集中講座の復習に疲れて | トップページ | この1ヶ月を振り返って »

タイ語」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
僕は後者の授業に参加してたのですが、
試験は僕も前者の5級を受けようと思ってます。
後者の5級はちょっと簡単すぎるし、
4級はちょっと難しいんですよね!
試験会場で会えるといいですね!!

僕もタイ語の勉強しています。
試験を受けるのは初めてなのですが
僕は後者の方を受けようと思ってます。
勉強しやすそうなので。
タイ語は発音がやっぱり難しいですよね。
注意してないと母音の発音を間違ってしまいます。
まだまだ、全然ですが頑張っていこうと思ってます。

また遊びに来ます!

>dodo様

 ABKタイ語検定試験は出題範囲がほぼ『CDエクスプレスタイ語』1冊に収まっているみたいです。ただTLSで授業を受けられたと見受けられるdodo様の場合は、最初から対策を練らなければいけないと思いますので、5級とはいえなめてかかると痛い目に遭うかもしれませんね。
 私はといえば、一応受験するつもりではいますが、財力の問題と実力の問題で断念するかもしれません……。何せ現在は持てる時間のほぼすべてをタイ語の勉強に充てているのに、身に付いた気がしないものですから……。

>Yut様

 確かに「実用タイ語検定」の方はいろいろな面で至れり尽くせりのような気がしますよね。主催者の経営するタイ語学校のHPや本屋(大きな本屋だけですが)で過去問題集を売ったりして。それに比べてABKの方は商売っ気がなさ過ぎるというか……。
 私はABKの方にお世話になったので、そっちの方で勉強を進めていくつもりです。でもこの座敷牢のある山奥から東京・巣鴨まで出かけるのは正直言って骨なんですよね。
 話はそれましたが、確かにタイ語の声調と母音は難物ですよね。早口のタイ語を聞いていると(例えば「Office24」のCM)本当に声調通りに話しているのかも分からなくて、タイ語の入門者には悩みの種です。
 まぁお互いに道は違っても目指すところは同じなのですから、どうかくじけずにいきましょうよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103960/5935820

この記事へのトラックバック一覧です: タイ語の復習・続報:

» タイ語の試験。 [ここではない何処かへ]
タイ語の 試験 を受けてみようと思う。 が、日本には僕の知る限りで 2つの団体 [続きを読む]

« タイ語集中講座の復習に疲れて | トップページ | この1ヶ月を振り返って »

Google検索



  • Google

    ブログ内を検索
    WWW全体を検索

アマゾン

  • Amazonおまかせリンク(R)

楽天ブックス

雑誌のFujisan.co.jp

  • NHKラジオ まいにちロシア語

    これからロシア語の世界を学びたい方へ。 今期はロシア語入門で、難しいと思われている文法をやさしく解説します。
  • NHKラジオ まいにちドイツ語

    楽しく、着実にドイツ語を身につけよう! 〈入門編〉では、聴き続けることで基礎を習得。〈応用編〉は、「使える便利な表現」「日本を紹介する」などで表現力アップを目指します。
  • NHKラジオ 実践ビジネス英語

    ビジネスで役立つ英語力、高い検定試験獲得を目指す方へのテキスト。 電話、Eメール・プレゼンテーション・会議など、ビジネスで役立つ英語力が身につきます。各種検定試験の対策にも最適です。前期は外資系ホテルでのサービス業、後期はジョイント・ベンチャーを取り上げ、実際のビジネスシーンを想定したスキットを展開。
  • NHKラジオ 入門ビジネス英語

    ビジネスマナーや英語的発想法も学べます!
    よく知っているやさしい単語を組み合わせて、状況に最適なフレーズを使いこなせることを目標にした、機能重視のアプローチ。ビジネスシーンで信頼度がアップする、ビジネスマナーや英語的発想法も学べます。現役ヘッドハンターがナビゲートする新感覚ビジネス英語講座。
  • NHKラジオ英会話

    学生から大人まで、やさしい英語でみんなが楽しめる
    5ワード前後の短いフレーズによるダイアログ(会話)、実践的な文法解説、ライブ・レポート(実況中継)や英語の歌など楽しめる要素も満載。オリジナルCMの聴き取りにも挑戦して、目指せ、ナチュラル・スピード!