2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

Google Ads

« ブログ復活&強打の日大三高健在! | トップページ | タイ語3回目のチャレンジです »

2005年8月18日 (木)

日大三高敗れる&山口県宇部市

 残念な話ですが、甲子園での今日の第2試合、我が母校日大三高は宇部商業高の前に3対5で敗れました。我が方の最初の1点は緒戦(対高知高戦)でもホームランを放った江原。今日は打線の組み替えで今までのトップから7番に下げられましたが、その屈辱を晴らすべく一発。
 さらに強打の日大三高健在で、1回と6回にミスで1点ずつを失ったものの、8回には2死満塁の場面から8番桒田(くわた)の2点タイムリーで一時は3対2と逆転しました。ところが9回に大越がつかまり、無死1・2塁でライトオーバーの3塁打を打たれ、再逆転され、その後も失点を重ねて大越降板。三高サイドはその裏に2死から1・2塁のチャンスを作って、本塁打でサヨナラのシーンを演出するものの、いくら打者が4番とはいえ、さすがにそんな都合のいいことは高校野球では起きないもので(清原級の大物だったらわからないけど)、結局我が校はベスト8で甲子園を去ることになりました。
 しかし宇部商高のエース好永投手もそうですが、日大三高の実質主戦の大越も(時々いい球と悪い球がはっきりする癖は出たものの)決め球のスライダーがよく決まり、8回までは好投を続けていました。そこまではイニング数を超える三振を奪っているピッチングをしていただけに、8回に逆転してからあとの9回表に突如乱れたのが不可解です。多分それまでビハインドの立場で投げていたときの緊張の糸がリードを奪ったことで切れてしまったのではないでしょうか。一方の好永投手も8回に逆転を許したり、再逆転したあとの9回に一打同点のピンチを(二死ながら)招いたというのはメンタルな面が大きかったのでしょう。
 やはり日大三高の問題は、最初の2失点が守備のミスによるものというのが痛かったです。一方の宇部商高には目立った守備のミスはありませんでしたから(2・3回内野安打を許した場面はありましたが、それはミスのうちに入らないでしょう)。やはり高校野球はミスをした方が負けるというのが常道なんでしょうか。その2失点がなければ終盤まで1対0で推移していたわけですから。そして8回9回の逆転再逆転劇もまた違った形になっていたことになりますので。
 何といいますか、今日の試合は1点差なら逆転できますが、2点差になったらゲームエンド、ということでしたのでしょうか。まぁ遠く600キロ離れた地でテレビを見ていた立場では何とでもいえるのでしょうが、甲子園にいた両校ナイン、そしてアルプススタンドに陣取っていた両校応援団にとってはこんな小差の試合ならばあきらめないで戦えると最後まで信じていたことでしょう。
 宇部商高の玉国監督のコメントの中にその一端がうかがえます。(9回表の再逆転劇に)「びっくりしました」(8回裏に逆転されたあとのナインへのアドバイスとして)「まだ9回があるからあきらめるな」(1対0ないし2対1というわずかな差で投げてきた好永投手への激励として)「好永投手には辛抱強く投げろと指示」
 そして、宇部商高久しぶりの快進撃については「20年ぶりのベスト4にはうれしい」と素直に対応していました。
 対して日大三高小倉監督のコメントには「9回(表、宇部商高の攻撃)の場面(無死1・2塁の場面で)、送ってくるかと思ったら強攻された。(選手に)何も策を指示してやれなかった私の責任かな」とのことでした。さすがに歴戦の監督は選手のミスを怒ったり悔しがったりするようなコメントはプレスの前ではしないものですね。

 話は変わりまして、私の過去の旅行話から宇部を取り上げます。
 山口県宇部市には平成5年の夏に旅行で行きました。もう12年も前の話ですね。当時の寓居があった清水市(現・静岡市清水区)から青春18きっぷを使って、夜行列車から普通列車を乗り継いで、明石より西は初めてとなる山陽本線に乗って17時間くらいかかりましたかなぁ、宇部新川の駅にたどり着くまでは。山陽本線にも宇部という駅はありますが、町の中心部は宇部線の宇部新川で、宿も宇部新川の駅そばに投宿しました。田舎町では夜の7時8時というのはもう深夜で(それは言い過ぎか)、まともに食事を出してくれる店はみんな閉まっていました。でも山口県内ナンバー2の地方都市ですから、中心部より街道筋に行けば、名物料理というのはなくても、日本人なら常識として知っているファミレスやファストフードの店が夜遅くまで開いていたのでしょうかと、今にして考えてみると残念です。
 次の日は午前午後とも市内観光で、午前は常盤公園へ行き、市の炭坑の歴史を眺めたり、カッタくんという、当時局地的にはやっていた宇部のイメージキャラのモデルになったアヒルだかペリカンだかに追っかけられたりしながら公園の午前のひとときを満喫していました。午後は、これ書くと私ストーカー扱いされかねないので嫌なのですが、勇気を出して書きますと、当時私がファンだった西村知美のふるさとのある藤曲地区へ行って、その辺をぶらぶらと歩いて、西村知美が幼少時代にどんなところで暮らしていたのかを見てきました。彼女の母校である藤山小、藤山中も見てきました(もうどんなだったか忘れましたが)。そうやって他人には何だろうと思われるような一日を過ごして、夕方に次の目的地、福岡へ旅立っていきました。
 今から考えると、もう少し宇部のことを前もって調べて、レンタカーでも借りていろいろな所(たとえば港)を見に行ってみるべきでしたね。
 今無所属の私としてはもう一度宇部に行って、藤曲地区あたりをそぞろ歩きしてみたいものですね。最も今となっては西村知美のことなどあまり気にしていないし(昔ファンだったということだけで)、下手に芸能人のふるさとなどをうろついていると白黒ツートンカラーのサイレンの付いた車がやってきて、私を連行しないとも限らない。でも、藤曲地区の適当に住宅地で適当に田舎という風景は結構気に入りましたので、どうにかならないものかな、と適当に考えている私でした。

« ブログ復活&強打の日大三高健在! | トップページ | タイ語3回目のチャレンジです »

旅行・地域」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

>適当に住宅地で適当に田舎という風景

このブログを書いていたころには全く思いもよらなかったが、今住んでいる所もまさしく住宅地と田舎が混じっている所だなぁ。当時の宇部市藤曲地区同様にローソン一軒すらないし(いや、ここは関東だから、セブンイレブンかファミマでしょう)。でも宇部は田んぼだったけど、こっちは畑という違いがあるにはあるな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103960/5529246

この記事へのトラックバック一覧です: 日大三高敗れる&山口県宇部市:

« ブログ復活&強打の日大三高健在! | トップページ | タイ語3回目のチャレンジです »

Google検索



  • Google

    ブログ内を検索
    WWW全体を検索

アマゾン

  • Amazonおまかせリンク(R)

楽天ブックス

雑誌のFujisan.co.jp

  • NHKラジオ まいにちロシア語

    これからロシア語の世界を学びたい方へ。 今期はロシア語入門で、難しいと思われている文法をやさしく解説します。
  • NHKラジオ まいにちドイツ語

    楽しく、着実にドイツ語を身につけよう! 〈入門編〉では、聴き続けることで基礎を習得。〈応用編〉は、「使える便利な表現」「日本を紹介する」などで表現力アップを目指します。
  • NHKラジオ 実践ビジネス英語

    ビジネスで役立つ英語力、高い検定試験獲得を目指す方へのテキスト。 電話、Eメール・プレゼンテーション・会議など、ビジネスで役立つ英語力が身につきます。各種検定試験の対策にも最適です。前期は外資系ホテルでのサービス業、後期はジョイント・ベンチャーを取り上げ、実際のビジネスシーンを想定したスキットを展開。
  • NHKラジオ 入門ビジネス英語

    ビジネスマナーや英語的発想法も学べます!
    よく知っているやさしい単語を組み合わせて、状況に最適なフレーズを使いこなせることを目標にした、機能重視のアプローチ。ビジネスシーンで信頼度がアップする、ビジネスマナーや英語的発想法も学べます。現役ヘッドハンターがナビゲートする新感覚ビジネス英語講座。
  • NHKラジオ英会話

    学生から大人まで、やさしい英語でみんなが楽しめる
    5ワード前後の短いフレーズによるダイアログ(会話)、実践的な文法解説、ライブ・レポート(実況中継)や英語の歌など楽しめる要素も満載。オリジナルCMの聴き取りにも挑戦して、目指せ、ナチュラル・スピード!